挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
孤独な星が瞬く時 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/52

答え

1+1=2
5X0=0

これくらいの事は誰もが知っている。
当たり前の「答え」にしか過ぎない。

しかし、これは数学に限っての事だ。
世の中は計算通りにはいかない。

1+1=1になったり。
1+1=3になったり。

こうすれば、ああなるはずの事が、
そうはならなかったりもするのだ。

そして、その計算外の事が、
表に出たり、裏に出たりもする。

自分にとって都合のいい「答え」になれば、
例え、計算外でも受け入れる事も出来る。

しかし、それもまた、思う様にはならない。
都合の悪い「答え」になると、理不尽に思う。

だから人は「答え」を求めてしまうのかもしれない。
だから人は「答え」に頼ってしまうのかもしれない。

そして「答え」さえ良ければいい。
途中の計算はどうでもいい。

でも、そこに落とし穴がある。
世の中は「答え」が全てではない。

「答え」を求める事で限界を作ってしまう。
「可能性」を奪ってしまいもするのだ。

「答え」に届かないリスクを避ける事は出来ても、
「答え」以上の「答え」になる事は無くなってしまう。

一長一短ではあるのだが、
「可能性」を追い求めるべきではないのか。

「答え」を求めるよりも、
「可能性」を求めよう。

だから我々に「答え」は必要無いのかもしれない。
「答え」が無ければ「答え」に惑わされる事もない。

ただただ「可能性」を追い求めて、
試行錯誤を繰り返していく。

それが我々の未来を創造する。
それが我々の未来を無限に拡げる。

そう信じたい。

We Don't Need the Answer...

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ