挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

コロンシリーズ

RIKO:2014 ~500円でできる最高の贅沢~

作者:志室幸太郎
 明日は給料日だ。
 今月は教科書代で金が飛んでいって大変だったな……。
 終盤はほとんどパスタしか食べていなかった気がする。
 しかしその猛節約によって、給料日まで十数時間の今現在、財布には五百円玉一枚と十円玉一枚、一円玉九枚が残っている。
 ひもじい食生活を送ってきたんだ。給料日前の最後の夕食くらい、贅沢にいこう。

 というわけで、俺は大学の帰りにコンビニに立ち寄った。
 店内の客はまばらだった。総菜パンを物色するおじいさんと、食玩コーナーに小さな女の子がいるくらいか。
 よし、これならゆっくり考えられるぞ。五百円でできる最高の贅沢を考えるんだ俺。

 まず真っ先に考えたのは、揚げ物類だ。
 ほとんど炭水化物しか食べてなかったので、脂のしたたる肉にかぶりつきたいという欲求は強かった。
 気難しそうな初老の男性店員の目を気にしつつ、何気なく揚げ物が並ぶケースの前を通り過ぎる。
 カラッと揚がった何種類ものチキンが輝いている。チキンだけではない。唐揚げ、焼き鳥、コロッケ……。
 くそっ、一瞬目に入っただけでなんという破壊力。
 とはいえ主食も必要なので、久しぶりの米としておにぎり。バランスを考えると二個は欲しいな。
 そして何かしらのチキン……いや、安易すぎる。
 最高の贅沢がコンビニのチキンとおにぎりでいいのか? 普通すぎるだろ。

 俺はそんな思考を数秒で終え、足を止めることなく冷凍食品のコーナーまで来た。
 昨今の冷凍食品の充実ぶりには目を見張るものがある。冷凍餃子や冷凍チャーハンが格安で売られているのだ。
 しかもその味は絶品。食べやすさからつい主食としておにぎりを選んでしまいがちだが、冷凍チャーハンや冷凍ピラフも選択肢に入るじゃないか。
 なんなら冷凍チャーハン二袋で大盛りにして、さらにチキン……これは悪くないぞ。
 いや、しかしまだ他にも選択肢があるかもしれない。第一候補としてチャーハン大盛りチキンセットを保存しつつ、もう少し考えよう。

 俺は通報されないよう食玩コーナーの女の子との距離を取りつつ、駄菓子コーナーにやってきた。
 いっそ思いっきりネタに走るのも悪くないかもしれない。
 明日以降は給料が入ってそこそこな飯が食えるわけだ。ならばこの窮地を逆に利用し、笑い話のネタを作ることもできる。
 しかし……五百円という額は少し中途半端だな。
 例えば特定の駄菓子を買い占めたとしよう。
「五千円分う○い棒買い占めた!」
 これなら「まじかよもったいねー!」的なリアクションが期待できる。
 一方。
「五百円分チ○コバット買い占めた!」
 これでは「ふーん」で済まされてしまう可能性が高い。
 その上夕食がチ○コバットオンリーというのは、あまりにも報われなさすぎる。
 これはダメだな。俺は駄菓子コーナーを離れた。

 甘いものという選択肢もある。
 一人暮らしを始めた当初は、いかに安いものでお腹を膨らませるかということを考えていた。
 その際よくお世話になったのが、この百円くらいで三本入りの串団子だ。
 もっちりとした団子を三本食えば、百円でおにぎり一個を買うよりもお腹がいっぱいになる(気がする)。
 今は五百円あるわけだから、消費税を考慮しても四パック買える。合計十二本、さぞかしお腹は膨れるだろう。
 だがこれは机上の空論に過ぎない。十二本の団子を固くなる前に食べきれるほど、俺は大食漢ではない。

 うーん、やはりチャーハンセットか。
 そう思いながら俺は冷凍食品の棚の前にいた。冷凍室の扉を開けてチャーハンに手を伸ばしたところで、背後から声がした。
「ちょっと君、待ちなさい」
 その硬い声に、俺は不覚にも身をすくませてしまった。
 首をひねって後ろを見ると、店員がカウンターを出て店の出入り口へと歩いていく。どうやら俺にかけられた言葉ではないようだ。
「君、服の下のものを出しなさい」
 ん?
 俺は不穏な空気を察知して、冷凍室の扉を閉めた。
 また商品を探すような素振りをしつつ、店の出入り口が見える場所へと移動する。
 険しい顔をした店員が、小さな女の子を見下ろしていた。
 女の子は服のお腹のあたりが膨らんでおり、若干涙目になっているように見える。
 万引きか……。
 俺は見てはいけないものを見てしまったような気になって、すぐに視線を逸らした。
 おかしいとは思っていたんだ、あんな小さな女の子が一人でコンビニにいるなんて。
 パンを選んでいたおじいさんの孫なのかなとも思っていたけど、いつの間にかおじいさんはいなくなっている。
 女の子はどうやら万引きを認めたようで、店員がわざとらしくため息をついた。
「君、何をしたかわかってるの? 犯罪だよ?」
 おいおい。確かに悪いことをしたかもしれないけど、あんな年端もいかない子に大人げなくないか?
 俺は心配になって、近くの陳列棚の上から顔を覗かせる。
 女の子の顔は酷く歪んで、必死に泣くのをこらえているようだった。
「あ、すいません」
 え? 勝手に口が動いてしまった。
 店員がぎょろっとした目をこちらに向けたので、俺は震える足で陳列棚を迂回し、店の出入り口までやってきた。
「その子、妹なんです。ちゃんと払いますんで」
 店員が舐めるように俺を観察する。
 冷静に考えて、自分の妹を「その子妹なんです」という兄がいるだろうか。
 しかも俺とこの子は別々に店内に入ってきているというのに……ええい。
「こら、勘違いされるようなことしちゃダメだろ」
 言いながら、俺は女の子の頭に手を置き、作り笑いでわしわしと撫でた。
 事案発生だコレ。
 俺は口から魂が抜けるのを感じながら、女の子が持っていた食玩をひったくる。
「会計お願いします」
 もうどうにでもなーれ。俺は女の子の手を引いて、レジまでやってきた。
 店員は腑に落ちない様子だったが、仕方なくカウンターの向こうへと戻り、レジ打ちを始めた。
「298円です」
 まじか……。最近の食玩高いな……。
「あー、じゃあカラアゲさんもお願いします」
 店員がカラアゲさんを取ってくる間に、俺はレジに表示された金額をカウンターに置いた。
 財布には五円が残った。

 俺は女の子と手を繋いだまま、近くの公園までやってきた。
 もう陽が落ち始めていて、辺りは夕焼け色に染まっている。
 ベンチを見つけて腰を下ろすと、緊張の糸が切れて、俺は大きなため息をついた。
 隣に座った女の子は、赤い目で俺の持っているビニール袋に視線を送っている。
「……君、名前は?」
「……リコ」
「リコちゃんね……。万引きはダメだよ。とっても悪いことなんだから」
「……ごめんなさい」
 俺はもう一度ため息をついてから、ビニール袋に手をつっこんだ。中から魔法少女の食玩を取り出し、リコに差し出す。
「もう二度としないって約束するなら、これをあげよう」
「二度としない」
「本当か?」
 リコは食玩に釘づけになりながら、こくこくと頷く。
「お兄さんの目を見て誓いなさい」
 リコは俺に目を移し、こくこくと頷く。そしてすぐに食玩を見る。
 俺は三度目のため息をついて、食玩を渡した。リコは目を輝かせてそのパッケージを掲げる。
「家は近いの? ちゃんと一人で帰れる?」
「帰れる」
「そっか……」
 俺は少し安心して、カラアゲさんを取り出した。今日の夕飯はこれか……。
 つまようじに一つを刺して、口に運ぼうとする。
 ふと横を見ると、リコが今度はカラアゲさんに熱い視線を注いでいた。
「……食べる?」
 女の子はこくこくと頷いた。
「今日のことは内緒だぞ」
 そう言って、俺はカラアゲさんの刺さったつまようじを渡した。リコはすぐに小さな口でカラアゲにかじりつく。
 つまようじがなくなったので、仕方なく指でカラアゲさんをつまんで口に運ぶ。
 うん、ジューシーで美味い。
 夕焼け空を見ながら女の子とカラアゲさんを食べる。なかなかの贅沢だ。……贅沢か?
この作品はシェアード・ワールド小説企画“コロンシリーズ”の一つです。

http://colonseries.jp/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ