挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

君のために剣を取り……

作者:宣芳まゆり
あたしは,かわいそうなお姫様.
自国が戦争で負けたために,敵国へ嫁いできた.
真っ白なベッドの上で,夫となる王子様を待つ.
婚儀は明日だけど,おそらく今夜が初夜.
本音を言えば,すっごく怖い.
名前しか知らないけれど,王子様はろくな男じゃない.
がたがたと震えながら待っていると,控えめなノックの後で,ひとりの男の子が寝室に入ってきた.
十五,六才程度かな?
くり色のふわふわした髪で,明るい緑色のくりくりした瞳.
男の子はあたしを見て,うれしそうに笑った.
「初めまして,ラウラ.」
「はぁ?」
あたしは顔をしかめた.
「あんた,誰? 王子様のお小姓?」
……の割りには,いい服を着ているけれど.
「え? ちがいます.」
男の子は,ほおを赤くして正体を明かす.
「私はジェラルドです.あなたと夫婦になる王子です.」
あたしは,じっと観察した.
中肉中背,腕力はそんなになさそう.
暴力に訴えられる心配はないわよね?
美形とは言えないまでも,顔はいい方に分類される.
「女の工面に苦労する容姿に思えないけれど.」
「工面って,」
王子様は,もごもごとしゃべる.
「敗戦国から姫を召し上げなくても,お嫁さん候補はいっぱいいるんじゃないの?」
あたしの追及に,あぅぅぅと言葉を詰まらせた.
赤面症の王子様は,いちいち動きが小動物っぽい.
かわいいと思うけれど,あたしは年下は趣味じゃない.
彼の国と,あたしの国は戦争をした.
いや,戦争をしたという表現は正しくない.
戦場に兵を配置したのみで,あまりの兵数の差に,すぐに降参したのだ.
剣を交えることも,矢を放つことも,馬を進めることもなく.
でも,賢明な判断だと思う.
戦場は,和平交渉の場になった.
兵を引く条件はひとつ.
姫をひとりちょうだい → いき遅れの十九才でよかったら,どうぞ → わーい,ありがとう.
ってなわけで,あたしは少数の部下とともに,花嫁衣裳を抱えてやって来たのだけど.
「武力でごり押ししないと結婚できないなんて,どんな不細工な面と思いきや,普通じゃない.」
王子様は,しゅんとうつむいている.
「性格が悪いとか,……変な性癖があるんじゃないでしょうね?」
妹たちを嫁がせずによかった.
ちなみにあたしは長女で,妹は四人いる.
「うちの国と姻戚関係を結んでも,利益ないわよ.」
あたしの国は,田舎の小国.
国土のほとんどが山で,農耕可能な平地は少ない.
また大陸交易路から離れた場所にあり,経済的な発展とも無縁だ.
「わ,私は!」
いきなりジェラルドが叫んだ.
「妻を迎えるにあたって利益など求め,……いや,その,」
しりすぼみに声が小さくなる.
「そんなもののために,軍を率いたわけじゃ,……あ,ああああなたのために,」
「ちょっと,待ったぁ!」
聞き捨てならない言葉があった.
「あんたが軍を率いて,うちの国に来たの?」
あの大軍を指揮して?
国境の険しい山脈を越えて?
頭の悪そうな顔をしているのに,実は有能?
王子様は,こっくりとうなずく.
あたしは頭を抱えた.
こいつが指揮官? 信じられない.
しかし,ならば問いたいことがある.
「なぜ戦いをしかけてきたの?」
今まで友好的だったのに,いきなり攻めてきたのだ.
「実は,」
ジェラルドが近づいてくる.
「私は次男なのです.」
彼の影が,ベッドに落ちる.
「でも王位をつぎたいのです.逆に兄は,玉座はほしくないと言っているのです.」
あたしは座ったままで,じりじりとベッドの奥へ逃げる.
「だから武勲を立てて,兄から継承権を奪うつもりなのです.」
背中が壁にぶつかった.
「つまり名誉を得るために,うちの国に侵入してきたんだ.」
あたしは,ジェラルドをにらみつける.
「あんた,賢いよ.うちの国なら簡単に勝てるものね.」
略奪をしない,規律正しい軍隊だったと耳にした.
よって,和平もすんなり決まったと.
「それで快勝したから,とりあえず,あたしをもらったんだ.」
誰でもいいから姫を差し出せ,という命令だった.
あたしは唇をかみしめて,下を向く.
みじめだった.
「ごめんなさい.」
謝る王子様の声が,追い討ちをかける.
「でも私は,ずっとあなたに会いたかったのです.」
戦利品として女を要求する男のもとへ,妹たちをいかせるわけにいかない.
あたしはすぐに,自分が婚姻すると決めた.
「普通に求婚しても断られそうでしたし,年下は嫌いだと聞いていましたから.」
侵略者の王子がどんな醜悪な姿をしているか確認してあげるわ,と笑って国を出た.
「おじさんの方でも,なかなか結婚しない,多少,強引なことをしてでも嫁に行かせ,」
「はぁ!?」
あたしは顔を上げる.
ジェラルドは驚いて,まばたきをした.
そして,やんわりとほほ笑む.
「ラウラ,あなたは口は悪いが,とても優しく面倒見のいい女性だと,」
「今,何て言った?」
最初から妙だと感じていた.
「ラウラって! あたしの愛称を,なんで知っているのよ?」
彼は,しまった! と目と口を大きく開ける.
「あ,あの,ララスコーヴィヤ姫.」
ひきつった笑いを漏らす.
「今さら,ごまかすな!」
あそこの国の第二王子は,どうだい?
縁組みを勧めてきた父親のにこにこ顔がよみがえる.
年下は嫌と断った,みずからの言葉とともに.
「お父様と示し合わせていたのね!?」
あたしは怒って,立ち上がる.
「ごっ,ごめんなさい!」
ジェラルドは真っ赤になって謝った.
「責めるなら,私だけを責めてください.作戦を考えたのは私ですから.」
しかも立案者はお前かよ.
「誰でもいいから姫をと請えば,あなたが自己犠牲精神を発揮して,名乗り出ると予想していました.」
最悪だ,とんでもない策士だ.
「国へ帰る!」
あたしはベッドから飛び降りる.
ずんずんと歩いて,寝室の扉へ向かった.
あぁ,ばかみたいだ.
あたしはかわいそうなお姫様,なんて自己れんびんすら,こいつの手のひらの上.
泣いて引き止めた妹たちも,涙を隠したあたしも,とんだ道化だ.
思い返せば,父と母は平然としていた.
扉の取ってに手をかけたとたん,
「待ってください!」
がばりと後ろから抱きつかれる.
「逃げないでください,お願いします.」
非力でかよわい,すがる声.
「どうしても逃げるのならば,兵士たちに号令をかけて,城の出入り口をすべて封鎖しま,」
「権力を,こんな私的なことに使うな!」
やつのわき腹に,ひじてつをくらわす.
うずくまる,無害そうで有害な王子様.
腹を抱えて,うるうるお目々で見上げてくる.
「あなたのために,剣を取り戦ったのにぃ.」
「実際には戦っていないでしょ!?」
ジェラルドは,ふっと表情をかげらせる.
「たまには軍隊を編成して動かさないといけないのですよ.今は不況で,国民に仕事がないので.」
「公共事業かよ!?」
あたしはぎゃーぎゃーとわめく.
もうこの時点で,彼にほだされていることに気づいたのは,結婚してから一年後のことだった.

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ