挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

数々の短編集

無理無理……絶対無理! 俺は彼女に話せない

作者:数々
「話してくれないなら、別れましょう」

 彼女にそう宣告されてしまった……。

 嫌だ。嫌だ嫌だ。別れたくない。絶対に別れたくない! 俺にあんな彼女ができたのは奇跡なんだ。

 正直に話す? それも無理。無理無理。絶対無理だ! 世間に知られれば、俺の人生は終わりを告げるだろう。

 どうする? どうする? 嘘で誤魔化す? それも無理だ。彼女は鋭いから、絶対にバレる。以前も下手な嘘で怒らせた。

 きっぱり、やめてしまう? ……それも嫌だ! 一度ハマるとやめられないんだ。禁断症状が出てくる。つらい時もある。……それでもやめられない!

 …………そんなに隠すほどの事でもないか……。最近じゃ、みんなやってるし。芸能人もやっていて話題になったよな? ここは堂々と話すか………………無理。俺には無理。無理無理。やっぱり絶対無理だ!



 事の始まりは昨日だった。どうしたわけか、彼女が、急に家にやって来たのだ。料理を作ってくれたり、掃除してくれたり、すごく嬉しかったのだが……。

 困ったことに、その日は、どうしても”やる”べきことがあった。それは、彼女へ明かせない、絶対に知られたくない秘密。

 このままでは間に合わないな……。仕方がない。こっそり”やる”ことにしよう。勉強してるフリをして、ノートPCで打ち込む。『あ・い・し・て・る・よ――』

「何してるの?」

 いきなり背後から声をかけてくる彼女! とっさにノートPCのふたを閉めた。危なかった……。見られなかったよな?

「どうしたの? ……何してたの?」

「い、いや、な、何でもないよ」

「何、その何かある時のセリフ……じゃあ見せてよ!」

「ゼ、ゼミの重要書類だから部外秘なんだよ……」

「……最近、何か隠してるでしょ? 気がつかないと思ってるの!」

 バレてる! さすがに鋭い……。どうしよう……?

「……話してくれないの? ……話してくれないなら、別れましょう!」


 ――その場は、なんとか取り繕い。一週間以内には、全て話すと約束したのだ。その間になんとかしなければ……。でも無理だ。とても話せない……。

 これがバレると、彼女に捨てられる上に、世間から抹殺される……。

 そう、俺が”小説”を書いてるなんて……とても彼女には話せない!

 まして、ネット小説サイトに、異世界ハーレム物を投稿しているなんて……絶対に話せるわけがない! 一体どうすればいいんだ!?

 ――その日の投稿には間に合ったが、気分が乗らなかった。そのせいでイチャラブハーレム回のはずが、人生について考える回になった。結果、ブックマークがかなり減ってしまった……。鬱回やると読者が減るって本当だったんだな……。

 *****

「話せばいいじゃないですか!」

 次の日、大学で後輩に相談してみた。こいつは、このイバラの道に誘い込んだ男でもある。元を正せばこいつのせいだ!

「僕なんて、みんなに話してます。全然、恥ずかしくないですよ」

 そりゃ、お前みたいに普通のミステリー書いてればね……。俺が書いてるのは異世界ハーレム物なんだよ! 主人公=自分の、願望むき出しのな!

「昔から親にも見せてますよ。会話が弾んで、家庭円満になりますからね」

 俺のを見せたら、まず親は泣く。絶対に泣く……。そんな親不孝できるか!

「僕の彼女も書いているし、お互いに読み合ってますよ。大丈夫ですって!」

 それは、お前の彼女も同じミステリーマニアだからだろ! ああ、うちの彼女も悪役令嬢の逆ハーレム物でも書いてないかなあ?

「先輩は、僕にも見せてくれませんよね? 試しに読ませてくださいよ!」

 うーん。本来なら絶対に見せたくないけど、後輩で反応を見るのも悪くないか?

「……読んで引いたりしない?」

「絶対に引きませんよ! 先輩の作品を読ませてください!」

 そこまで言うなら……試しに見せてみるか……。俺の作品を、タブレットに表示して渡した。タイトルは『俺の指先一つで敵は死ぬ! そして女は俺の物!』

「……………………………これですか?」

 絶対に引かないって言っただろ! タイトルだけで引いてるぞ!

 内容は、異世界転生した俺が、神に授かったチート能力で、俺TUEEEしてハーレムを築く話だ。

 チート能力は、その名も『フィンガーファイブ!』人差し指で触れると、そいつは死に、薬指で触れると、そいつは俺に惚れるのだ!

「中指はどんな能力があるんです?」

「レーザーが出て敵は死ぬ!」

「お、親指はどうなんです?」

「地面が割れて敵は死ぬ!」

「……小指も敵が死ぬんですか?」

「違うよ。全てを癒し、死者すら復活させる天使の小指だ!」

「………………そうですか……」

 それから後輩は、一言も話さずに読み進める。夢中になって読んでくれてる? 1時間ほどで読み終えたようだ。

「…………こ、個性的な……お、お話ですね……」

 不味い料理を無理やり褒めるセリフ、使ってんじゃねえよ!

「いや……本当……面白かったですよ。ちょっと、僕には、合わない、だけで」

 やっぱり無理じゃねーか……。

 *****

 結局、後輩への相談では、何も解決しなかった。役に立たないやつだ……。

 どうする? 彼女に下手な嘘は通じない……。本当のことを話すしかない……。そうなると、見せるしかない……。だけれど、とても見せられる物ではない……。やはり、あの手しかないか……。

 そう改竄だ! 一週間以内に、彼女に見せても大丈夫な話に変えてしまうのだ!

 まず、荒唐無稽なチート能力をなくそう。突如、神の気まぐれで能力を失ったことにする。今夜の連載から、主人公はただの一般人だ! 魔王軍100万を目の前にして、この後どうするか思いつかないが……何とかなるだろ。

 次に過去の投稿も改変していこう。

 異世界転生なんて非現実的な話はやめて、外国に転勤した事にする。異世界転生から同世界転勤に変更だ。

 場所は……どこかの戦地にしよう。さすがに平和な土地だと話が続かない。そして、相手は魔王軍ではなく、現地のゲリラ組織に変更だ。

 チートスキルやチート武器は当然なし。銃器や武器をいきなり使いこなせるのも不自然だ。ここは合気道だ! 合気道で戦うなら現実的なはず。

 ここまでをまとめると……。サラリーマンの主人公が転勤で戦地に赴き、ゲリラ組織と合気道で戦う。うん。リアルっぽい話になってきたじゃないか!

 次なる問題はハーレムの処理だ。これを見られるのは絶対やばい! そんな不誠実な行いは、すぐやめさせよう! 12人のハーレム要員を一人一人振っていく。なんか余計に嫌な奴になってる気もするが……仕方ない……。

 こうして改変するたびに、読者数がごっそり減っていき、感想欄は罵倒の嵐だ。人の気も知らないで……。多少の路線変更は大目に見て欲しいよ……。

 最後の大問題がヒロインだ。実は、彼女をモデルにしたヒロインを登場させたのだが……これが大不評! 読者の反感を買って、不人気キャラになってしまった。

 仕方なくヒロイン役を降板させ、正体は敵のスパイだった悪役キャラとして使っている。毎回、脱がされる役でもある。

 これがバレるとやばい! やばすぎる! 最悪の場合……殴られる! 何とか修正してヒロインに戻さないと……。できるか? 無理だろこれ……。

 ん? 彼女からのメールが……。

『今から行くから! 話してくれないとわかるよね?』

 一週間って言ったじゃん! そんな勝手なところが読者の反感を買うんだよ!

 どうする? どうする? なんとか誤魔化せないか?

 ……無理だ無理。……もう、どうしようもない。もともと、俺には勿体ない彼女だったんだ。せめて、最後は……正直に話そう……。



「……何だ! そんなこと」

 そう言って彼女は少し笑った。拍子抜けするぐらいあっさりしていた。

「馬鹿ね。小説を書けるなんて素敵じゃない!」

 ……本当にそう思ってくれるの? 本当に?

「今時、異世界転生の話だって、珍しくないよ。私もアニメで見てるからね。面白い作品、知ってるよ!」

 何だよ。俺の取り越し苦労だったのか……。そうだ異世界転生は、もう一般的なんだ。自分が、好きなジャンルを信じないでどうする……。

「ごめんね。浮気してると思った……」

 浮気を疑われた怒りはなかった。彼女が、俺を疑ったのではない。俺が、彼女を信じていなかったのだ。

「小説、見せてよ! 読みたい読みたい! 全部知りたいの」

 取っておいた、改稿前の方を渡した。何も隠す必要はなかったんだ……。

「あなたが書いた作品なら、絶対に面白いよ!」

 俺は、つくづく幸せものだ。こんなに理解してくれる彼女がいるなんて……。

 彼女は、集中して真剣な表情でページをめくっている。次々と速いペースで読み進めていく。……なんて幸せな光景なんだ!

 ああ、愛した人が読んでくれる。こんな幸せなことが、他にあるのだろうか? 俺は、このために書いていたのか……。もっと早く見せればよかったな……。

 読み終えた彼女は、笑顔を引きつらせつつ、こう言った。

「……………………こ、個性的な…………は、話だね……」

 やっぱり無理じゃねーか!

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ