挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

TEL

作者:和紀河
あたたかな午後の日差し。
私はあなたを待つ。
でも…
 心を濡らした雨は、止んだ。(そら)に残されたのは、薄い雲のかけら一つと真っ青な蒼。
 憎らしいほどの碧落が視界を、脳裏を(うず)めてゆく。
 わたしはそっと本を閉じて、ちらっと横目で電話を見た。
-----こない。
 あなたからの電話、まだ、こない。
 約束の時間はとっくに過ぎているのに。
 なのに、なぜ?
 テーブルの上の白いコーヒーカップを手に取って、わたしはゆっくりとコーヒーをすすった。
 飲みかけのコーヒーは、もう、冷たくなっている。なんだか、悔しくなって、
「ばかやろぉー」
 ほお杖をついて、河豚みたいに頬を膨らませ、呟く。
 あなたに見せようと思った、仕立ててばかりの紺色の着物。袂を弄びながら、眉間に皺をよせていた。

 風は踊る。
 静かな光の午後。
 寂静を伝える木々の唄が、そっとわたしを慰める。
 再び、わたしは本を開いた。

 暫し、(とき)は流れて・・・。
 真っ白な蝶がわたしの手に舞い降りてきた。
 その時、不意に沈黙は突き破られた。
「きたっ!」
-----電話が鳴った、けたたましく。
 固かった顔が、一気に綻んだ。わたしは受話器を取りにゆこうと席を立ちかけた。が、ちょっと考えて、
「止めよう。」と、呟いた。
 鳴り響く電話の前をわたしは、つんとした態度で素通りした。
-----わたしは出てなんか、やらない、やるもんかっっ!!この私を待たせた罰だ。
『ごめん、ごめん、待った?仕事が忙しくてさ、つい・・・』
 いつもの決まり台詞(もんく)
 どうせ判ってるから。
 出てやらない。
 たまには心配させてやる!!

 わたしは背中で電話のベルを聞きながら、玄関の戸をくぐった。
 遠くから、公園ではしゃぐ子どもたちの声。
 午後の日差しは眩しかった。
 目を細めて淡い靄たつ、路を見つめる。
 真っ白な日傘を開いた。
 まだ、電話のベルは鳴り止まない。
 日傘を差して、ちょっとだけ、顧みて、
「知らないんだらっ」
 すぐに前を見つめ直す。そして、わたしは雨上がりの路を歩みだした-----。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ