挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
転生魔女と、魔女狩りの騎士 作者:綾倉にと
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/17

17 エピローグ

 結婚式の日は、晴天だった。
 青空に、いろとりどりの風船が舞い上がっていく。
 こどもたちが歓声を上げた。

「綺麗だなぁ、花嫁さん」

 騎士団の天使メルヴィン・ロットが、瞳をキラキラさせながらいった。

「そうだね、綺麗だね……うっうっうっ」
「な、なんで泣いてるの、ビビ?」

 滂沱の涙を流すあたしを見て、メルヴィンはぎょっとしたようだ。

 だってしかたないじゃん。
 今日は結婚式。
 愛するヴェルマー様とロゼッタの、結婚式なんだから。

「ヴェルマー様……騎士の正装のお姿、死ぬほどかっこいいですヴェルマー様……」
「ビビ様、手持ちのハンカチがおいつきません」

 ビアンカが冷たい声でいう。
 ちなみにシャニは、花嫁ロゼッタの介添え人をしている。

 もうこうなったら、騎士団幹部たちの正装姿を見て萌えまくるしかない。
 同じ正装なのに個性が全然ちがう。メルヴィンは可愛すぎ大天使だし、チェスターは最近一本芯が通ってきたし、ヴェルマー様は超美麗眼鏡だし、ルカ様はキラキラ王子様スタイルだし、そして残りのエリオは。

「きゃあ、エリオ・ロット様よ」
「最近さらにカッコよくなったよね」

 ……見物人の女子たちにきゃーきゃーいわれていた。

 最近さらにカッコよくなった、っていう意見はいまいちわからないけど、エリオがイケメンであることにまちがいはない。

「兄さん、遅かったね。もう始まっちゃってるよ」
「仕事がたてこんでたんだ。婚儀の宣誓はまだだろう?」

 エリオはあたしの隣の椅子を引いた。
 目があうと、極上の笑顔を見せる。

「そのドレス、可愛いね。とてもよく似合ってるよ」
「……それはどーも」

 つい顔を赤くしてしまう。
 エリオと一緒にいるってことは、こういうのに慣れてかなきゃいけない。
 でもいつまでたっても慣れない。

 メルヴィンは首をかしげた。

「仕事なんて残ってたっけ?」
「ルークに今日あの二人が結婚することを伝えにいったんだ」

 あたしはメルヴィンは、同時に黙りこんだ。
 ルークの話題は、騎士団の中で禁句になっている。

 彼の名前を出したところで、なにを論じればいいのか、わからないから。
 感情を、整理しきれていないのだ。

「お祝いの言葉を、送っていたよ」

 エリオはさらりといった。

「そして謝罪を。前聖女と彼の父に対する謝罪はまだできないみたいだけど、ロゼッタとビビに対しては、心から謝っていた」

 あたしはテーブルの下で掌を握りしめた。

「あたしも……今度、あたしも、ルークに会いに」
「まだいまは早い」

 あたしは言葉を吞みこむ。

「でももうしばらくしたら、会いに連れていくよ。必ず」

 エリオは優しく微笑した。
 涙が零れそうになるのを、顔をうつむけることで、こらえた。

 今日はちがう。
 今日は、ルークに涙を流す日じゃない。

「それでは、誓いのキスを」

 神父が厳かに告げた。
 あたしは顔をあげる。

 ゆっくりと、ロゼッタのベールをヴェルマー様が持ち上げた。
 幸せそうな薔薇色の頬。ロゼッタは今日、世界中で一番綺麗な花嫁になった。

 ふたりの顔が近づいて、永遠を誓うキスを交わす。
 その、あまりにも幸せな光景に、自然と涙がこぼれた。

 よかったね、ロゼッタ。ヴェルマー様。
 お幸せに。

 白いハトたちが放たれた。
 青空はどこまでも澄んで、美しかった。





「それで、ビビ。オレたちの婚儀はいつにする?」

 夜。
 あたしを腕の中に閉じこめながら、エリオがいった。

 可哀想なビアンカは、またしても締め出しをくらっている。

「ちょっと待って。いつ結婚するって話になった?」
「そんなの、オレたちが出会った時から決まってたじゃないか」
「発言がストーカーじみてるんですけど」
「好きだよ、ビビ」

 首の後ろをなでられて、思わず顔をあげた。直後、唇にキスがからむ。

「愛してる」

 キスの合間に、囁きが零れ落ちていく。
 あたしも、とこたえたいのに、キスを受けとめるだけで精いっぱいになってしまう。

「ずっとこうしていたい」

 首すじに唇を落としながら、エリオがいった。
 ぴくんと体が跳ねる。

「や、やだ、エリオっ……」
「ビビ」

 再び深く口付けられた。
 体中が熱い。

 気づいたら、ゲームの世界にいた。
 必死で突っ走って、気がついたら、この腕の中にいた。

「あたしも、大好きだよ。エリオ」

 そしてこれからもずっと、この腕の中にいるのだろう。
 あたしは両腕を伸ばして、エリオの体を抱きしめた。


fin.
最後までお付きあいくださり、どうもありがとうございました。
感想などいただけるととても嬉しいです。

また、新しく「庭で子猫と」の連載を今日から始めています。
よらしければ、そちらもどうぞ。
▼作者の小説サイトです

bn.gif


評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

婚約者は、私の妹に恋をする

ああ、またか。私の可愛い妹を見つめる、私の婚約者。その冷たい目に灯る僅かな熱量を確かに見たとき、私は既視感に襲われた。かつての人生でも、私の婚約者は私の妹に恋を//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全43部分)
  • 833 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 02:04
婚約者が悪役で困ってます

乙女ゲームの世界に転生したらモブだったリジーア。前世の分も親孝行して幸せになろうと決意するが、王子ルートで最終的な悪役として登場するベルンハルトと婚約することに//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全56部分)
  • 840 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 21:00
転生王女は今日も旗を叩き折る。

 前世の記憶を持ったまま生まれ変わった先は、乙女ゲームの世界の王女様。 え、ヒロインのライバル役?冗談じゃない。あんな残念過ぎる人達に恋するつもりは、毛頭無い!//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全113部分)
  • 891 user
  • 最終掲載日:2017/12/11 00:00
北の砦にて

前世は日本人女子。今世は雪の精霊の子ギツネ。そんな主人公と、北の砦の屈強な騎士たちとのほのぼの交流譚。【宝島社様より一巻~三巻が発売中です】

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全118部分)
  • 742 user
  • 最終掲載日:2017/09/27 01:28
指輪の選んだ婚約者

見た目と中身の一致しない美貌の騎士様と、刺繍に没頭していたい淡々としたお嬢様の、のんびりほのぼのした契約的婚約ライフのお話。 ※本編完結。 ※一迅社文庫アイリス//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全55部分)
  • 733 user
  • 最終掲載日:2017/05/03 11:58
悪役令嬢の毒

初恋をこじらせて、婚約者に毒しか吐けなくなったマルティナ・オルブラントは、前世の記憶を取り戻したことで己の行いを省みる。もう毒を吐くことを止め、ゲームのシナリオ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全16部分)
  • 827 user
  • 最終掲載日:2016/02/27 19:05
狼領主のお嬢様

自らの贅沢の為に、悪逆の限りを尽くした前領主一家。その一人娘だった私は、使用人であり恋人の彼が、領主の尻尾を掴もうと潜り込んでいた間者だと知った。 そして、領民//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全26部分)
  • 931 user
  • 最終掲載日:2017/11/10 17:50
乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…

頭を石にぶつけた拍子に前世の記憶を取り戻した。私、カタリナ・クラエス公爵令嬢八歳。 高熱にうなされ、王子様の婚約者に決まり、ここが前世でやっていた乙女ゲームの世//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全46部分)
  • 980 user
  • 最終掲載日:2016/08/17 19:18
乙女ゲーム六周目、オートモードが切れました。

気が付けばそこは、乙女ゲームの世界でした。ハッピーでもバッドでもエンディングは破滅までまっしぐら、家柄容姿は最高なのに性格最悪の悪役令嬢『マリアベル・テンペスト//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全90部分)
  • 745 user
  • 最終掲載日:2017/10/24 12:00
非凡・平凡・シャボン!

※ 2016年9月12日、アリアンローズ様より第一巻が発売されました。 ※ 2016年8月17日、本編完結しました。 ※ 2016年9月14日、後日談完結しまし//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全178部分)
  • 675 user
  • 最終掲載日:2016/09/14 00:00
謙虚、堅実をモットーに生きております!

小学校お受験を控えたある日の事。私はここが前世に愛読していた少女マンガ『君は僕のdolce』の世界で、私はその中の登場人物になっている事に気が付いた。 私に割り//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全299部分)
  • 1001 user
  • 最終掲載日:2017/10/20 18:39
転生したけど、王子(婚約者)は諦めようと思う

 ノイン王国宰相・ザリエル公爵には、一人娘がいる。  銀色の髪にアメジストのような澄んだ瞳を持つ美しい娘・クリスティーナだ。  彼女の幼い頃からの婚約者は、ノイ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全21部分)
  • 948 user
  • 最終掲載日:2017/01/05 22:00
さよならイエロー

幼馴染の婚約者が竜殺しの英雄になった。 よくわからんが、給料上がったら生活が楽になるねと喜んだ矢先、貴族のお嬢様との結婚が決まったってどーゆーことだ。 恐れ多く//

  • ノンジャンル〔ノンジャンル〕
  • 連載(全13部分)
  • 668 user
  • 最終掲載日:2015/11/23 15:50
転生してヤンデレ攻略対象キャラと主従関係になった結果

七歳にして初めて魔法を使ったセシル・オールディントンはその日、前世での記憶を取り戻した。華の女子高生だったにも関わらず交通事故で亡くなった元日本人の彼女は、どう//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全43部分)
  • 857 user
  • 最終掲載日:2015/03/12 23:55
お前みたいなヒロインがいてたまるか!

アラサーOLだった前世の記憶を持って生まれた椿は4歳の時、同じく前世の記憶持ちだと思われる異母妹の言葉でこの世界が乙女ゲームの世界だと言う事を思い出す。ゲームで//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全179部分)
  • 747 user
  • 最終掲載日:2017/11/11 12:00
悪役は恋しちゃダメですか?(連載版)

乙女ゲームの世界の悪役令嬢ミレーヌの前世は、日本の女子高生だった。幼い時には悪ガキで、今はイケメンキラキラ王子のレンドール17歳と、記憶を取り戻して改めて王子に//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全27部分)
  • 713 user
  • 最終掲載日:2015/10/31 07:53
第三王子は発光ブツにつき、直視注意!

相手のオーラが見える貧乏伯爵令嬢のリナは、ある日王宮に行くことになる。そこで出会ったのは、あまりにも眩しすぎるオーラを持った第三王子のジルベルトだった。直視でき//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全54部分)
  • 660 user
  • 最終掲載日:2017/08/21 12:00
悪役令嬢、時々本気、のち聖女。

 名門アンドール侯爵家の令嬢、エリカ・アンドール。  彼女は次から次へと男を手玉に取る悪女。そして気に入らない相手には、力でもって制裁を加える傲慢な人間。――っ//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全123部分)
  • 674 user
  • 最終掲載日:2016/07/29 10:00
私はおとなしく消え去ることにします

私は転生した。転生したのは国の防衛を担う武の公爵家だった。先視の才を持つ私は断片的な未来を見る。そして知った。私には戦う力がない。それを持つのは弟だと。そのこと//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全66部分)
  • 672 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 04:00
アルバート家の令嬢は没落をご所望です

貴族の令嬢メアリ・アルバートは始業式の最中、この世界が前世でプレイした乙女ゲームであり自分はそのゲームに出てくるキャラクターであることを思い出す。ゲームでのメア//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全104部分)
  • 842 user
  • 最終掲載日:2016/10/10 11:31
復讐を誓った白猫は竜王の膝の上で惰眠をむさぼる

大学へ向かう途中、突然地面が光り中学の同級生と共に異世界へ召喚されてしまった瑠璃。 国に繁栄をもたらす巫女姫を召喚したつもりが、巻き込まれたそうな。 幸い衣食住//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全94部分)
  • 752 user
  • 最終掲載日:2017/12/04 21:54
ヤンデレ系乙女ゲーの世界に転生してしまったようです

 リコリスは奇妙な既視感に悩まされる大人びた子供だ。ある日父親から自分の婚約者について聞かされたリコリスは、それが前世でプレイした乙女ゲームのキャラクターである//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全69部分)
  • 898 user
  • 最終掲載日:2016/02/10 22:51
ドロップ!! ~香りの令嬢物語~

生死の境をさまよった3歳の時、コーデリアは自分が前世でプレイしたゲームに出てくる高飛車な令嬢に転生している事に気付いてしまう。王子に恋する令嬢になれば暗い未来が//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全78部分)
  • 794 user
  • 最終掲載日:2017/11/26 18:00
異世界出戻り奮闘記

 かつて私は異世界に召喚されたことがある。異界からの巫女として一年余りを過ごした私は、役目を果たし、元の世界へ帰ることとなった。そして護衛騎士に秘めた思いを告白//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全78部分)
  • 839 user
  • 最終掲載日:2016/01/03 18:00
魔法使いの婚約者

剣と魔法の世界に転生したこの私。復活した魔王、聖剣に選ばれた勇者―――――そんな王道ファンタジーが繰り広げられる中で、与えられたポジションは魔法使いの婚約者。(//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全41部分)
  • 1047 user
  • 最終掲載日:2017/10/13 08:55
男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい

継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全135部分)
  • 725 user
  • 最終掲載日:2017/05/23 12:18
リングリング

三年前、大学生の詩織は、異世界トリップして日本に来てしまった騎士の男をかくまった。彼は無事に元の世界に戻れたのだが、なぜか今度は詩織が彼の世界へトリップ。頼れる//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全36部分)
  • 685 user
  • 最終掲載日:2014/08/20 00:00
聖女の魔力は万能です

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。 だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。 召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全53部分)
  • 786 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 08:06
私は敵になりません!

※主婦と生活社PASH!ブックス様より書籍化!6巻目8/25発売です! キアラは伯爵家の養女。王妃の女官にされる予定で引き取られたが、そのために二回り年上の人と//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 完結済(全277部分)
  • 746 user
  • 最終掲載日:2017/08/29 23:00
公爵令嬢の嗜み

公爵令嬢に転生したものの、記憶を取り戻した時には既にエンディングを迎えてしまっていた…。私は婚約を破棄され、設定通りであれば教会に幽閉コース。私の明るい未来はど//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全265部分)
  • 921 user
  • 最終掲載日:2017/09/03 21:29
わたしはふたつめの人生をあるく!

 フィーはデーマンという田舎国家の第一王女だった。  このたび、大国オーストルの国王で容姿端麗、政治手腕完璧、ただひとつ女性に対して冷たいのをのぞけば完璧な氷の//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 810 user
  • 最終掲載日:2017/09/18 19:08
↑ページトップへ