挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

季節、名を待つ

作者:こうあま
売られた「僕」と、買った「先生」の話。
雇用主と称して振る舞う「先生」は「僕」にいくつかの仕事を与え、共同生活がはじまった。
やがて変わりゆく関係性、その途上の季節を追う物語。

☆2017/12/31 製本版の内容に修正+書き下ろし分を追加しました
盛夏
2016/10/16 15:44
残炎
2016/10/23 14:02
白露
2016/10/30 14:51
夜長
2016/11/06 16:44
深秋
2016/11/14 00:02
木枯
2016/11/20 14:44
厳冬
2016/11/27 14:16
寒明
2016/12/04 16:19
浅春
2016/12/10 17:03
陽炎
2016/12/21 21:12
薫風
2016/12/30 10:06
向暑
2016/12/30 11:43
エピローグ
2016/12/30 12:20
特別編:エンの幻影随想録 ペンのちからとリタのかたち
2017/12/31 17:58
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ