挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

パルスィと憎めない男

四万アクセス突破したので書きました
男「おーい、パルスィ」
パルスィと呼ばれた女はどことなく不機嫌そうに男の方に顔を向けた
パルスィ「なによ幻紫げんしまたきたの? そんなに暇そうで妬ましい」

幻紫「まぁ落ち着いてよ」
パルスィ「そんなに冷静でいられるあなたが妬ましいわ」
幻紫「僕は落ち着いていないよ。聞いて欲しいことがあるんだ」
パルスィ「なによ」

幻紫「僕と付き合ってください!」

パルスィ「な……なによいきなり!」
幻紫「ダメかな?」ドキドキ
パルスィ「そんな顔されたら断れないじゃない///」
幻紫「それじゃ!」
パルスィ「私と一緒にいたら嫉妬が移るかもしれないけど本当にいいのね?」
幻紫「大丈夫だよ! 僕も妖怪だから!」
パルスィ「そんなことじゃないけど はぁ」
幻紫「これからもよろしくね。パルスィ」
パルスィ「ええ。よろしくね幻紫」

こうして幻想郷にも一つのカップルが生まれた

おしまい (リア充爆発しろ!)
どうでしたか?(聞くほどの内容じゃないけど)
多分この小説を短編から続編にするかもしれません

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ