挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
また来てね 作者:七三
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

6/6

また来てね


 入口をじっと見ている市ヶ谷に来栖は恐る恐る声を掛けた。

「お、おい……市ヶ谷……?」

 声に反応してゆっくりと顔を来栖に向ける。焦点の合わない目をしていた。

「……」

小さく何かを言っている。来栖は耳を澄ませた。

「……」

「…………」

「……ぁ…………ぃ」

「お…………ぁ……わ…………い」

「おれはわるくない」

「おれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくないおれはわるくない……おれは……わるくない……」

 市ヶ谷は崩れ落ちた。
 それを呆然と眺めていると、後ろから声を掛けられる。

「やあ。楽しんでもらえたかい?」

 そこにはウサギリと呼ばれていたウサギの着ぐるみが立っていた。

「……どういう、ことだ」

「聞いてもしょうがないことだよ」

「いいから、答えろ!!」

 怒鳴り声が響いた。いつの間にか周りには誰もいない。居るのは怒りを露にしている来栖と泣きじゃくる市ヶ谷、そして飄々としているウサギリであった。

「しょうがないなぁ。じゃあ全てを話すよ。市ヶ谷北斗君はおよそ一年前にここ、裏野ドリームランドに遊びに来たんだ。そして彼だけが残った。だから、僕は彼の心を操り、より多くの人を連れてここに戻ってくるように細工したんだ。そして彼は僕の思惑通りに君たちを連れてきてくれた。そして今、彼と君だけが残った」

「君には彼のようにここに沢山の生贄を連れて来て欲しいんだ」

 来栖は虚ろな目で地面を見ていた。フラフラと体を揺らしながら振り向き、出口に向かってゆっくりと歩いていく。

「じゃあ、また来てね」



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ