挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

71/72

終章/光の彼方へ

何だろう。
心地いい。
自分が一体、何者なのか。
そんな事はどうでもいい。
ただただ、心地いい。
此処が一体、何処なのか。
そんな事もどうでもいい。
なんて、心地いいんだろう。
此処にはあらゆる柵が無い。
これが、本当の自由というものなのだろうか。
あれ?
自由って、何だっけ?
まあ、いいか。
この温もりは何なのだろう。
あれ?
温もりって、何だっけ?
まあ、いいか。
自分が、どんどん此処に溶け込んでいくようだ。
あれ?
自分って、何だっけ?
もう、何もかもがどうでもいい。
その、どうでもいい何かに光が射す。
光に包まれた、そのどうでもいい何かは、
光に引っ張られるように、光の元へと向かって行く。
遥か彼方にある、あの光へと。
そして、感じる。
どうでもいい何かが感じる。
嫌だ。
此処がいい。
先程まで、どうでもよかった何かに感情が芽生える。
嫌だ。
まだ、行きたくない。
いや、ずっと此処に居たい。
だって、感じるんだ。
判ってしまったんだ。
あの光の先に、何が待ち構えているのか。
全てを理解した何かが光の彼方を突き抜ける。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ