挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

7/72

壱章/人斬り/挿話伍/見込まれた男

新撰組の屯所である前川邸の廊下で、
二人の男が話をしている。
一人は取立てて言う事もないのだが、
もう一人は一際大柄な男であった。
この大柄な男、名を黒谷天竜という。
「人斬り以蔵ですか」
相手は隠岐虎三郎という男である。
「ああ、奴は俺が斬るぜ。
だから俺もちょっと後悔してるのさ」
「後悔してるような顔には見えませんよ」
「うるせぇ!虎三郎、
お前もいずれ俺に斬られるんだからな。覚えて置けよ」
「僕なんか斬っても、なんの面白みもないですよ」
「そんな事はないぜ。隠岐流剣術の突きは十分に面白い」
「突き、ですか」
「ああ、でも突きも含めて、
まだまだだけどな、虎三郎はな」
「じゃあ、僕はもっともっと精進しなければなりませんね」
「是非そうしてくれよ。
源太郎の奴は何者かに斬られちまうしよ」
「父上ですか」
「虎次郎よりはお前の方が強いだろ。
虎太郎もいずれは斬るにしてもよ」
「虎士郎はからっきしですもんねぇ」
「隠岐家の恥晒し、か。
俺は虎士郎とは会った事ねぇけどよ、
しかし双子でこうも違っちまうんだな」
「虎士郎もその気になりさえすれば、
そんな事もないと思うんですけどね」
「そうなのか!?
じゃあ今度自分の目で確かめさせてもらうよ」
「いえ、その必要はないでしょう。
虎士郎は性格上その気にはなれないでしょうから」
「そうか、じゃ、そろそろ行くぜ」
「はい」
「手柄はまた今度の機会にくれてやるよ」
「いえ、手柄なんていりません。
また切腹させられそうになるのは勘弁です」
「ははは、それもそうだな。
虎三郎が切腹する事になったら、
後悔するのも俺の方だしな」
そう言いながら、天竜は闇の中へと消えて行った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ