挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

63/72

弐章/英雄/挿話参拾参/万事休す

露衣土の部屋の前で燿炎は露衣土と対峙していた。
珍しく風もまったく吹いていない。
風も二人の対決を固唾を呑んで、静かに見守っている。
正に、そんな感じであった。
そんな中で先に動いたのは燿炎だった。
燿炎は自らの頭上に、とてつもなく大きな火球を作り、
その火球を露衣土へ向けて放つ。
これだけの火球を作り出せるのは、
この星でも燿炎にしか出来ない事だろう。
それでも露衣土は微動だにせず、そのまま火球に包まれた。
普通ならこれで露衣土の体は跡形も無く燃え尽くされ、
勝負は決するはずであった。
しかし、信じられない事に、
その火球の中から、笑い声が響いてくる。
そして、露衣土が言う。
「これくらいの炎で私を倒せるものか」
途端に露衣土を包んでいた火球が一気に消し飛んだ。
露衣土は先程と同じ状態で微動だにせず立っていた。
「くっ、」
燿炎は小さく呻いた。
燿炎にはもう、先程より強力な炎は作り出せない。
燿炎が作り出す事が出来る最大の炎が通用しなかったのだ。
万事休すである。
「どうやら、覚悟が必要なのはお前の方だったようだな」
露衣土が勝ち誇ったように言った。
燿炎は何も言い返せずに、ただ露衣土を睨みつける。
そして、露衣土は畳み掛けるように言う。
「炮炎があの世で寂しがっているぞ。
これから炮炎と再会させてやろう」
露衣土のその言葉と共に、
燿炎は一瞬にして凍らされてしまった。
露衣土からすれば、後は大地の魔法で、
燿炎を粉々にするだけである。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ