挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

62/72

弐章/英雄/挿話参拾弐/理解を超えた対立

様々な経緯を経て、結果的に、なのかもしれないが、
燿炎は露衣土に対する理解を深める事となった。
だから、燿炎は憎しみを抱いていたはずの露衣土に対して、
尊敬の念すら抱くようになってきていた。
そして、露衣土に対する尊敬の念があるからこそ、
燿炎もまた、真剣に平和へと向かわなければならない。
炮炎も真剣に平和へと向かった過程で、露衣土に
殺されたのであり、露衣土もそんな炮炎だからこそ、
真剣に炮炎を殺したのである。
そして、燿炎と露衣土は、
これから雌雄を決しようとしている。
お互いがお互いの信ずるものの為に、
相手を倒さなければならない。
その結果、恐らくはどちらかが死ぬ事になるであろう。
そして、どちらが死ぬ事になったとしても、
どちらも恨んだり、憎んだりするものではないのだ。
お互いが真剣に平和というものと向き合った結果、
相手を殺さなければならなくなっただけの事である。
二人は数瞬の間、目を合わせたまま微動だにしなかった。
そして、露衣土が先に燿炎に声を掛ける。
「久しぶりだな」
「そうだな。これだけの時間があれば、
お前も十分に覚悟が出来ただろう?」
燿炎は露衣土の声に応えると共にそう切り返した。
「私に一体、何の覚悟の必要があるんだ?」
露衣土も負けずに切り返した。
「まあ、いい。俺達の間に言葉はもう、不要だ」
「そうだな」
二人は再び、目を合わせたまま微動だにしなくなった。
下階では、城兵と討伐軍との激しい戦闘が続いている。
しかし、此処はまるで、
時が止まってしまったかのようである。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ