挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

60/72

弐章/英雄/挿話参拾/時を隔てた再会

燿炎達、討伐軍の別働隊は崙土達を倒すと、
後は何事も無く、露衣土城へと辿り着いた。
恐らくは、もう、強力な敵は残っていないのであろう。
露衣土軍の本隊は湘の国で展開し、
討伐軍の本隊と睨み合いを続けている。
そして、先日、司令官の崙土も倒したのだ。
燿炎達、討伐軍はそのまま露衣土城へ突撃して行った。
露衣土城の中へはすんなりと入る事が出来た。
しかし、城の中に入った途端、
残っている城兵達の襲撃を受けた。
それ等、城兵達は他の者達に任せ、
燿炎は一人、露衣土の下へ向かった。
燿炎にとってはかつて知ったる露衣土城である。
懐かしくも感じたが、
今は感慨に耽っているわけにもいかない。
それよりもやけに簡単に進む事が出来る。
露衣土の下へ向かう燿炎を阻む者がいないのだ。
燿炎は感じ取った。
〈これは罠だと〉
〈一騎討ちをする為だと〉
例え罠だとしても、燿炎は戦うしかない。
燿炎達にとっても露衣土と燿炎の
一騎討ちを狙っていたのである。
此処へ来て、露衣土と燿炎達の思惑が一致したのだ。
露衣土にとっても予定通りであり、
燿炎にとっても予定通りなのである。
もう少しで城の屋上へと辿り着く。
屋上の広場の先に露衣土の部屋がある。
そこで炮炎が殺されたのだ。
それも燿炎の目前で殺されたのだ。
燿炎は屋上へと出た。
燿炎が露衣土の部屋の方へ体を向けると、
露衣土が自室の前で待ち構えていた。
燿炎は露衣土の表情がはっきりと判る位置まで近づき、
足を止めて露衣土と向き合った。
本当に久しぶりの対面である。
かつて燿炎は、この露衣土と共に、
精霊の星を統一するべく戦っていたのだ。
それより以前は、炮炎も含め、
幼少時代を共に過ごしてきた幼馴染みでもあった。
そして、燿炎にとって実の兄でもあった炮炎は、
この先にある露衣土の部屋で露衣土に殺されたのだ。
その後に、燿炎は露衣土の下を離れ、
反乱軍に身を投じる事となった。
それから、二人は直接対面する事はなかった。
そして、十数年の時を隔てて二人は今、再び対面している。
今度はお互いがお互いの敵となって、である。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ