挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

58/72

弐章/英雄/挿話弐拾捌/急がば回れ

少数精鋭の別働隊で露衣土城を急襲する事にした討伐軍。
その別働隊にはリーダーである燿炎を含め、
凍浬、麗羅、崩墟らの四天王が揃って組み込まれていた。
本隊の方は露衣土軍と睨み合いをするだけだからだ。
戦況から考えて、露衣土軍の方から攻めて来る事は、
先ず、ないと言っていいであろう。
万が一、露衣土軍の方から攻めて来られたとしても、
数の力で負ける事は考え難い。
今や、形勢は圧倒的に討伐軍の方に傾いているのである。
だから、別働隊を組まずに本隊のまま、進軍して行き、
露衣土城を攻め落とす事も可能であった。
むしろ、露衣土城を攻め落とすには、
そちらの方が確実ではあった。
しかし、それでは、露衣土帝国がやってきた事と
なんら変わりがなくなってしまう。
そして、双方の軍、更に民間人も含め、
悪戯に犠牲者を増やすだけなのだ。
それを避ける為に、少数精鋭の別働隊を組んで、
露衣土城のみを攻め落とそうとしているのである。
そして、燿炎達、別働隊の一行は、
この澪の谷を露衣土城へと向かって進んでいた。
澪の谷の底には氷河が流れていた。
討伐軍はその氷河の上を進んでいる。
両脇は切り立った崖である。
このような所で軍隊を展開する事は出来ない。
別働隊も縦長になって、進軍するだけだった。
もし、此処で露衣土軍が仕掛けて来るのであれば、
崖の上からの攻撃しか考えられないのだ。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ