挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

55/72

弐章/英雄/挿話弐拾伍/再び動きだそうとする世界

ひょんな事から、燿炎の迷いは晴れていた。
露衣土を倒したところで平和になるとは限らない。
しかし、露衣土を倒さない限り、
平和への希望が絶たれてしまうのだ。
だから、平和への希望を絶やさない為にも、
露衣土だけは倒さなければならない。
そして、露衣土を倒した後、平和になるかどうかは、この
世界全体の問題であり、討伐軍という一勢力、ましてや、
燿炎という個人一人でどうにか出来るものではない。
そして、平和の為にと戦っている限りは、
露衣土と同様な事をする事になるだろう。
燿炎は己の愚かさを思い知る。
「麗羅」
燿炎が麗羅を呼んだ。
「何?」
麗羅が応えた。
「ありがとう」
燿炎が麗羅に礼を言った。
「急に変な事、言わないでよ」
麗羅は何で礼を言われるのか解らずに戸惑いながら言った。
それには構わずに燿炎は麗羅に頼む。
「皆を集めてくれないか」
「解ったわ」
麗羅はそう言うと、その場を離れた。
一人残った燿炎は、再び考え込んだ。
そして、数瞬の後、露衣土城の方角を見上げながら呟く。
「露衣土よ、待っていろよ。お前は俺が倒す」
燿炎の表情には固い決意が込められているようだった。
そして、燿炎は皆が集まる会議場へと歩を進めて行った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ