挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

52/72

弐章/英雄/挿話弐拾弐/立ちはだかる壁

燿炎達、反乱軍が大地の大陸を復活させ、
塑の国を建ててから十二年が過ぎようとしていた。
その間に反乱軍は各地の抵抗勢力を吸収しながら、
炎の大陸、そして風の大陸を露衣土帝国の支配から解放し、
更に、氷の大陸の約五分の一程の領域まで攻め込んでいた。
この時点ですでに、立場が逆転し、反乱軍は
露衣土討伐軍とでも言うべき存在になっていた。
しかし、此処へ来て、なかなか先へとは
進めなくなってもきていた。
炎の大陸、風の大陸と露衣土帝国の支配から解放する事は
出来たのだが、解放したらしたで今度は、いくつかの
地域で秩序を保てなくなってしまったのだ。
人間とは本当に身勝手な生き物で、露衣土帝国に
支配されている間は、露衣土を恐れてか、
余り派手に暴れる者はいなかったのだが、
反乱軍により、露衣土帝国の支配から解放された途端、
次々と勝手に暴れ回る者達が出て来てしまったのだ。
勿論、次々と言っても全体から考えれば、
一部の者達にしか過ぎない。
しかし、その一部の者達を放っておく事で、
何の罪もない民衆を犠牲にしてしまうのであれば、
平和の為にと戦っている反乱軍、いや討伐軍の、
存在意義を問われかねないのである。
結局、統治者が誰であれ、秩序は守らなければならない。
討伐軍はその為に兵を送らなければならず、
戦力を一本化出来ないでいた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ