挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

51/72

弐章/英雄/挿話弐拾壱/向きが替わった風

燿炎達反乱軍掃討の報告後、露衣土は各地に残存する
抵抗勢力への威力制圧に、更なる力を注いだが、八ヶ月を
経た現在も未だ、精霊の星全体を制圧するまでには至ず、
それどころか、力で捩じ伏せようとすればする程に、
抵抗勢力が後から後から湧き出て来るように感じていた。
そんな折りに、驚くべき報告が舞い込んで来た。
〈大地の大陸が復活〉
〈燿炎達反乱軍が大地の大陸に新たな国家を建てた〉
大地の大陸が復活した事は俄には信じ難い事であった。
しかし、その事に燿炎が絡んでいるとなると、
話が変わってくる。
しかも、部下の報告によれば、燿炎達は死んだはずである。
その死んだはずの燿炎達が大地の大陸を復活させ、
大地の大陸に新たな国家を建てたのだ。
こうなると、もう、噂などというレベルの話ではない。
抵抗勢力の勢いが衰えない原因も、恐らくは、
『此処』にあるのだろう。
露衣土は思った。
風はもう、自分には吹いていない、と。
しかし、不思議と悔しさは無かった。
むしろ、燿炎が生きていた事が嬉しかったくらいであった。
とはいえ、後に引く訳にもいかない。
「燿炎よ、見事、私を倒してみせよ」
露衣土は覚悟を決めたかのように一人呟いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ