挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

49/72

弐章/英雄/挿話拾玖/地平を踏む巨人

崩墟。
風の大陸にあった凪の国で生まれたが、当時、
風の大陸では、凪の国も含め全土で、大地の精霊の存在は
信じられておらず、崩墟は十歳になった時に、炎、氷、風、
いずれの魔法も使えなかったので、『悪魔の子』と
決め付けられて、凪の国から追い出されてしまう。
その後、放浪を続け各地を転々としながら、大地の精霊に
導かれるように万象が暮らす小さな村に辿り着く。
崩墟が生まれてから、十八年の月日が経とうとしていた。
崩墟は生まれつき言葉を発する事が出来なかったのだが、
万象と出会う事により、地面を振動させて、
大地の精霊の守護を受けた者同士であれば、
意思疎通を可能にする魔法を習得する事になる。
そして、万象と共に万象の暮らす村に
そのまま住み続ける事になったのである。
この村の住人の七割程は、大地の精霊の守護を受けた
者達であり、崩墟と同様に各地で故郷を追われた
者達でもあったのである。
だから、崩墟も先の住人達に温かく迎え入れられた。
崩墟は約十八年もの月日を経て、やっと孤独から
解放されたのでもあった。
そして、崩墟は生まれて初めて、
幸福らしきものを感ずる事も出来た。
しかし、その幸福らしきものは束の間のものである事を
万象から聞かされる事になる。
崩墟は精霊の星に選ばれた者であり、いずれ、
大地の大陸を復活するべく、この村を旅立たねばならない
運命にある事を万象から聞かされたのである。
崩墟はその話を聞かされて、最初は訳が判らずに
混乱もしたが、万象の話をよく聞いているうちに
本当の幸福というものを探す為にも、
自らの運命とやらに乗っかってみる気にもなっていた。
そして、万象と共に燿炎達との出会いを待つ事となる。
後に崩墟は『地平を踏む巨人』とも称される事になる。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ