挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

35/72

弐章/英雄/挿話伍/皇帝、城に篭る

氷の大陸、元、浄の国のほぼ中心に
此処、露衣土城は建てられていた。
統一戦争が終わってからというもの、
露衣土はこの城から外へは出なくなっていた。
何故なら、露衣土が外に一歩でも出ようものなら、
英雄として大騒ぎされるか、命そのものを狙われるか、
そのどちらかが待っているだけなのである。
露衣土は決して、命を狙われる事が怖いわけではない。
ただ、英雄として騒がれる事も命を狙われる事も
煩わしかったのである。
露衣土は毎日、この城にある自室で、
部下からの報告を受けたり、部下に指示を出したり、と、
そんな日常を過ごしていた。
そして、今日もまた、一人の部下が報告をする為に
露衣土の部屋へと入って来た。
「ご報告致します」
「うむ」
「燿炎らの反乱軍討伐に向かった、
水沂隊が全滅したとの事です」
「そうか」
「どういたしましょうか?」
「燿炎の件は崙土に任せてある」
「わかりました。では、失礼致します」
そう言って部下は露衣土の部屋を出て行った。
露衣土は再び、一人きりになった。
「燿炎よ、何を考えている。私に歯向かったところで、
その先に待っているものは死しかない事を
お前は一番解っているはずだ。
平和の為の犠牲を受け止められないのか。
だとしたら、甘いな、燿炎よ。
それとも私の考えの方が、甘いと言うのだろうか」
露衣土は虚空を見つめ、一人呟いた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ