挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

34/72

弐章/英雄/挿話肆/突然の襲撃

燿炎は再び、厳しい表情で烈の河を眺めている。
麗羅はその場に座り込み、何も言わず、じっとしていた。
そのまま、どれくらいの時間が過ぎたであろうか。
突然、燿炎の眼下に広がる大河が凍り付いた。
「来たぞ!」
燿炎が叫んだ。
麗羅はすぐさま立ち上がって、何かしらしたようだ。
すると、先程まで集まっていた者達が、再び集まって来た。
麗羅がテレパシーを使って皆に知らせたのである。
「凍浬、フォローを頼む」
燿炎が集まって来た者達の中の一人に言った。
「任せときな」
凍浬が応えた。
大河の方を見ると、凍り付いた大河の上を、
数十人の者達がこちらへ向かって来ていた。
露衣土帝国正規軍であった。
敵はいきなり、炎と氷の矢を降り注いできた。
燿炎と他数人の者達が氷の矢を炎の魔法で焼き払う。
炎の矢は凍浬と他数人の者達が人に当たりそうなものだけ、
氷の魔法で消し去った。
「今度はこちらの番だぜぇ」
燿炎はそう言いながら、
敵に向かって物凄い量の炎を作り出した。
そして、続けざまに言う。
「頼む、麗羅」
麗羅は突風を起こし、燿炎が作り出した炎を拡げながら、
敵全体にその炎を浴びせた。
あっという間に敵は数人だけになっていた。
残った者は凍浬が氷の矢で貫いた。
敵は全滅した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ