挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

32/72

弐章/英雄/挿話弐/四つの精霊

精霊の星。
この星は四つの精霊の守護により成り立っている。
炎の精霊、氷の精霊、風の精霊、
そして、もう一つは大地の精霊である。
しかし、大地の精霊に関しては、
その存在そのものを信じていない地域も少なくなかった。
その理由の一つは大地の大陸が存在しないからである。
伝説としてのみ南半球の海の底に、
大地の大陸が存在するというような。
そして、この精霊の星に生まれる人間は全て、
四つの精霊のうち、
いずれかの精霊の守護を受ける事になる。
出生率に関して、
炎の精霊の守護を受ける者が四割を超える程度、
氷の精霊の守護を受ける者が三割を超える程度、
風の精霊の守護を受ける者が二割を超える程度、
大地の精霊の守護を受ける者は一割にも満たない。
更に、極稀ではあるが、
同時に複数の精霊の守護を受ける者もいるようである。
そして、この星の者は皆、守護を受けた精霊の力を借りて、
それぞれ独自の魔法を行使出来るようになる。
その魔法というものは、イメージするだけのもので、
イメージして出来るものは出来て、
出来ないものは出来ないと個人差も大きかった。
また、大地の精霊に関して、前述でも述べた通り、
その存在そのものを信じていない地域があり、
炎、氷、風のいずれかの魔法が使えない者に対して、
『悪魔の子』として迫害をしたり、もっと酷くなると、
処刑の対象としている地域もあった。
というのも、大地の魔法は主に
地震や地割れを起こすものであり、
周囲の人々にとって、それが単なる自然災害なのか、
大地の魔法に因るものなのかの判別が出来ないのである。
そして、大地の精霊の守護を受けた者がいる所では、
結果的に地震や地割れなどの自然災害に
見舞われる機会が増えるので、
大地の精霊の存在を信じていない地域では、
災害を招く『悪魔の子』になってしまうのである。
そんな中、露衣土は大地の精霊の存在を訴え続け、
大地の精霊の守護を受けた者を受け入れ続けてもいた。
それが露衣土が絶大な支持を得る要因の一つにもなった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ