挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/72

間章/在

とある川の底、
「それ」はあった。
何時の頃からか、ただただ、
「それ」はあった。

「それ」は動かない。
「それ」は感じない。
「それ」は思考しない。

時折、何かが、
「それ」にぶつかってきて、
「それ」を少しだけ削り取って行く。

それでも、
「それ」は動かない。
「それ」は感じない。
「それ」は思考しない。
ただただ、そこに存在するのみ。

雨が降ろうが、
風が吹こうが、
時には川の水が干上がろうとも、
ただただ、そこに在った。

春から夏になり、
夏が去り秋が来て、
秋が暮れて冬になり、
冬が明けて春になろうとも、
ただただ、そこに在った。

「それ」は動かない。
「それ」は感じない。
「それ」は思考しない。
ただただ、そこに存在するのみ。

存在する事、
それだけが真実であるかのように。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ