挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

3/72

壱章/人斬り/挿話壱/柄じゃない男

時は幕末、此処京都では、
倒幕派の志士達と、新撰組という集団により、
毎日のように血が流されていた。

タッタッタッタッタッタッタッタッ、
ットットットットットットットット、
「嘉兵衛!こっちだ!」
「わかりました。六郎殿」
二人の男共は汗だくになりながら、
必死に何者かから逃げているようだった。
「どけぇい!」
どた~ん!
一人の男が嘉兵衛に押し退けられ、
地面に倒れ込んだ。
六郎と嘉兵衛は、その事を気にも留めず、
そのまま走り去って行く。
そこへ、一人の女子が駆け寄る。
「大丈夫?虎士郎ちゃん?」
「いててて、」
「まったく、名前は強そうなのに、
てんでだらしがないんだから」
女子は、ちょっと笑いながら、そう言った。
「待てー!」
「逃がすなー!」
六郎達が来た方向から、
数人の者共が追いかけて来た。
その者共は皆一様に、浅葱色の羽織を纏っていた。
新撰組の隊士達であった。
新撰組の隊士達は六郎達を追って、
あっという間に走り去って行った。
虎士郎が立ち上がる。
「お園ちゃん、ありがとう」
「どういたしまして。それよりも、さ。
虎士郎ちゃんも一応は、お侍さんなんだから、
もうちょっと、しっかりしなきゃ駄目よ」
「う~ん、僕はどうも、
お侍って柄じゃないようなんだよねぇ」
申し訳なさそうに虎士郎は、そう言った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ