挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

20/72

壱章/人斬り/挿話拾捌/相変わらずな男

「土産だぜ」
天竜は部屋に入ってくるなり、
近藤に向かって酒徳利を一つ放り投げた。
そして、続けざまに言う。
「そろそろ無くなる頃だろうと思ってよ」
天竜はまだ他にも酒徳利を三つ程持っていて、
その一つを徳利のまま口に運んだ。
「珍しく気が利くじゃねぇかよ」
近藤が天竜に嫌味っぽく言った。
「珍しいってのは余計なんじゃねぇのかい」
そう言いながら天竜は左前方に近藤を、
右前方に土方を向かえる形で胡座をかいて座った。
「いきなりなんだがよぅ。なんとかなんねぇか!?」
近藤が天竜に向かって言った。
「例の件か、」
「ああ、」
「その件は虎三郎に任せてあるぜ」
「虎三郎で大丈夫なのか!?」
土方が話に割って入ってくる。
「恐らくは、無理だろうな」
「なに!?じゃあ虎三郎を見殺しにする気なのか!?」
「そうなるかもしれねぇな」
近藤は二人のやり取りをじっと見ている。
土方は天竜の言葉を待った。
「いや、よぅ、奴を俺が斬るわけには
いかねぇんじゃないかと思ってんだけどよ」
「虎次郎の敵だからか!?」
「それもあるけどよぅ、
自分とこの隊長さんまでやられてんだろ」
「斉藤か、」
「さらには源太郎の奴も恐らく、」
「それは本当なのか!?」
「源太郎を斬れる奴なんか、
そうそういねぇだろうからな」
「それもそうだな、」
「可能性は高いと思うぜ」
「で、よう、さっき[恐らく]と言ったけどよぅ、
少しでも勝算があっての事なのか!?」
近藤が天竜に訊いた。
「勝算と言えるかどうかはわからねぇが、
隠岐流には必殺剣があると聞く」
「私も聞いた事があるな」
土方が同調する。
「だから、ひょっとしたら、とは思うんだけどな」
「なるほどな」
そう言いながら近藤が杯を口に運んだ。
「とにかくよぅ、先ず虎三郎にやらせねぇと、
俺が動くわけにはいかねぇと思ってよ」
天竜が言う。
「よし。わかった。
その件は取り敢えず虎三郎に任せるしかねぇな」
近藤が言う。
「そのようですね」
土方が言う。
「で、一の後釜は決まったのかい?」
天竜がどちらともなく訊いた。
「ああ、それも虎三郎でいいかと思っているんだが、
どうだ?」
近藤が天竜に訊き返した。
「いいんじゃねぇの、虎三郎で」
「しかし、」
土方が口を挟む。
「なんだ!?歳、」
近藤が土方に声をかける。
「いや、天竜の話を聞く限りじゃ、虎三郎もこれから、
どうなるかわからないじゃないですか」
「ああ、そりゃあ、そうなった時にまた考りゃいい」
近藤がきっぱりと言う。
「そうだぜ。
それにお前等もいずれは俺に斬られるんだからな」
不敵な笑みを浮かべながら天竜が言い放った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ