挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

2/72

序章/闇の中で

ドクッ、ドクッ。
ドクッ、ドクッ。
真っ暗闇の中で、この音だけが響き渡っている。
一体、何の音だろうか。
周りを見渡しても、真っ暗で何も見えない。
ふと、恐怖という虫が、全身のありとあらゆる所から、
沸いて来るような感覚に襲われた。
その途端、
ドクッドクッドクッドクッ。
音のテンポが速くなった。
そっか。
その音が、自らの心臓の鼓動である事を理解する。
ふぅ~。
恐怖という虫が、一旦、巣へと帰って行く。
ドクッ、ドクッ。
心臓の鼓動もテンポを緩めた。
落ち着いたところで、
お~い!
と言ったつもりなのだが、
聞こえてくるのは、自らの心臓の鼓動だけである。
誰か~!
またしても、自分の声は聞こえず。
声が出せなくなっているのだろうか。
ん?
声だけでは無かった。
自分が、どういう体勢でいるのか、
それすらも、判らなかった。
何だ!?
ドクッドクッドクッドクッ。
再び、心臓の鼓動のテンポが速くなった。
そして、今度は恐怖という虫に、
体を乗っ取られたような感覚に襲われた。
うぎゃ~!
叫んだつもりが、
ドクドクドクドクドクドク。
一段とテンポを速めた、心臓の鼓動だけが、
暗闇に響き渡る。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ