挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

17/72

壱章/人斬り/挿話拾伍/掴み所のない男

虎三郎と天竜が、
岡田以蔵と名乗る男と対峙していた時と、
時を同じくして京都の町の別の場所では、
虎士郎もまた一人の男と対峙していた。
二人はまだ剣は抜かずに、
無防備な状態で向き合っていた。
男は虎士郎に話し掛ける。
「俺になんか用があるのかい?」
虎士郎は無言のまま、
男に対して刺すような視線を送っていた。
「おいおい、何か言ってくれなきゃ、
何がなんだかわからんだろうよ」
虎士郎は男の言葉には構わず、
ゆっくりと剣を抜き構えた。
「いきなり俺を斬ろうっていうのかい!?」
虎士郎はじわりと間合いを詰める。
男は詰められた分と同じ距離だけ間合いを拡げながら、
「俺もそう簡単に斬られるわけにはいかねぇんだよな」
すると突然、虎士郎は一気に間合いを詰めて、
男に鋭く斬り掛かって行った。
男は今度は間合いを取らずに、
逆に虎士郎へ向かって行きながら、
虎士郎の剣を紙一重でかわし、
体を入れ替えて、再び向き合う形になった。
静寂が闇の中に溶け込んでいく。
「何をしている?」
静寂を切り裂いて、
虎士郎の背後から三人の男達がやって来た。
「あばよ」
虎士郎が背後から来た三人に注意を向けた途端、
虎士郎と対峙していた男は闇の中へと去って行った。
実はこの男、坂本竜馬なる人物だったのである。
虎士郎はそんな事は知る由もなく、
今度は後から来た三人と対峙していた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ