挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

12/72

壱章/人斬り/挿話拾/勿体振る男

「どうだ?少しは腕上げたか?」
大柄な男は言った。
黒谷天竜である。
「どうでしょうか、毎日欠かさずに鍛錬はしてますが。
僕が強くなったのかどうかは自分では測りかねます」
相手の男には特にこれといった特徴はなかった。
強いて挙げるなら、端正な顔立ちだというくらいである。
隠岐虎三郎であった。
「そういうもんかもしれねぇな」
「はい」
とある旅籠の一室で二人は向き合って、
お互い思い思いに手酌で酒を飲みながら
言葉を交わしていた。
「で、実はよぅ、」
「なんでしょうか?」
虎三郎は天竜に視線を送った。
「俺は虎次郎を斬った奴を知ってるんだけどな」
「本当ですか?」
虎三郎は身を乗り出して、続けざまに尋ねた。
「誰なんですか?」
「いんや、それは言わんでおくわ」
「なんでですか?教えて下さい。お願いします」
「それよりもよぅ、」
「身内の敵も取れずに武士といえましょうか」
「そうなんだよ、だからよぅ、」
「はい」
「そいつを俺が斬るわけにはいかねぇんじゃねぇかと、」
「僕が必ず敵を取ってみせます」
「本当はよ、どっちも俺が斬りてぇんだけどな」
「僕に敵を討たせて下さい。
そうして頂けるのなら、その後僕が天竜さんに
斬られる事になったとしても、」
「だからよぅ、決めたんだよ」
「何をですか?」
「敵を取るなら勝手にしな」
「そうさせて頂きます」
「俺は虎三郎と奴とで生き残った方を斬る」
天竜は仕方がなさそうにそう言った。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ