挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
風を掬う者(先行版) 作者:愚者x2
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

11/72

壱章/人斬り/挿話玖/憤る女

虎次郎の葬儀も無事終わり、
周囲の人々も日常へと戻ろうとしていた。
しかし、数人だけがまだ、
虎次郎の死を受け止められずにいた。
そのうちの一人は隠岐四兄弟の母、
もう一人は虎次郎の許嫁であった、
お園という女子である。
「虎士郎ちゃん、
どうして虎次郎様が死ななければならないの?」
少しの間を置いて虎士郎が応える。
「ごめん。お園ちゃん。
僕がもっとしっかりしていれば、」
「こっちこそごめんなさい。
虎士郎ちゃんも辛いんだよね」
「うちで僕によくしてくれたのは、
母上以外では虎次郎兄さんだけだったから、」
お園は泣き続けている。
「でも、僕は、虎次郎兄さんが羨ましいな」
「なんで?」
「だって、虎次郎兄さんは新撰組にも入隊出来たし、
一応は武士としての道をまっとう出来たと思うんだ」
「武士ってなんなの!?」
「僕なんか、武家に生まれたにも拘わらず、
人を斬る事すら出来ない出来損ないだから」
「だから武士ってなんなの!?
人を斬る事が武士なの!?」
虎士郎は何も言えなかった。
「そんな理由で虎次郎様は死ななければならないの?
ねぇ、答えてよ!」
「お園ちゃん、」
「お願いだから、答えてよ!」
お園は虎士郎に縋り付いていた。
虎士郎は何も言えず、虚空を眺めるしかなかった。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ