挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

水色

作者:ハチミツ
 あらゆるものは水色でなければならない。私はそのような観念に取り憑かれていた。
 青でもない。白でもない。水色。
 そもそも水に色なんてないじゃないか、などというツマラナイことを言うつもりはない。我々が青と白の中間色を水色と言えば、それは水色なのである。細かいことを気にする必要はない。
 早速私はあらゆるものを水色にし始めた。まずは服。次に家具。自家用車も水色に買い替えた。仕事場のあれこれも入れ替えたり塗り替えたり。そして家の外装も内装も水色に。
 モノの次はイキモノだ。というわけでペットも水色に。これには時間がかかった。なにせ生きている物の色を変えるなんて前代未聞のことだ。
 それでも知恵と工夫を凝らしてなんとか水色にすることができた。コツは焦らないことと、計量スプーンを上手く使うことだ。
 あとは同じ要領で配偶者と子どもも水色に仕上げた。ペットのときの経験が活き、それほど時間はかからなかった。
 自分のものを全て水色に。となれば次は自分以外のものを水色にするしかない。
 家の前の道路。側溝。側溝の蓋。なんだかよくわからないメーター。広告のビラ。フェンス。ブロック塀。烏。野良猫。
 隣家。隣家の住人。隣家のリビングのテレビのリモコン。隣家の隣家。隣家の隣家の娘の部屋の机の引き出しの中の文房具。
 コンビニ。スーパーマーケット。自動販売機。家電量販店。牛丼屋。国道沿いのカーディーラー。ホームセンター。
 街。国。地球。そして宇宙。
 全てを水色に塗り終えた時、私は深い満足感に浸っていた。
 しかし私の心には何か引っかかるものがあった。
 視界にうつるあらゆる物質を水色に変えた。でもまだ水色になっていないものがあるんじゃないか。
 すぐに私は「それ」に気づいた。
 「それ」とはあらゆる概念であり、あらゆる言葉であった。あらゆる概念と言葉を水色に変えなければ、私の水色は完了したとは言えなかった。
 だからすぐにその作業に取りかかった。とほうもなく長い時間がかかった。なにせ「時間」という概念すら水色に変えなければならないのだから。
 結果、どうなったか。それはこれを読んだ人ならばわかっていることだろう。
 あらゆる概念と言葉を水色にする。それは即ち、あらゆる概念と言葉を水色にしない、ということと同義であった。
 全ては水色であり、かつ水色ではない。その境地こそが、わたしの水色であり、水色に水色だった。
 長い長い探求の末そのことにたどり着いた私は、全ての肩の荷をおろし、白いベッドの上で、赤い布団を被って深い眠りにつくことにした。
 いまや白は水色であり、赤もまた水色だった。空には青空が広がり、街には木々の緑と、色とりどりな人々の営みがあった。他に必要なものは何もなかった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ