挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

ガラスの靴

作者:桜宮 雨

 私はずっと、シンデレラに憧れていた。

 綺麗な心を持って、毎日を健気に過ごしていれば、いつかガラスの靴が手に入る。
 そしたら王子様に出会って、私はお姫様になるの。

 …そう、何の苦労もなく、汚れもないままにね。

 勿論社会人にもなれば、王子様なんていないことくらい知っている。

 でも、靴屋さんは何となく「特別」なの。新しいハイヒールを履いてみると、何となくシンデレラの気分が味わえる気がして。

 営業周りで使い過ぎて、ヒールの壊れたパンプスの後継を試し履きしながら、そんなことを考える。

 「他のデザインもお出ししましょうか?」

 物思いに耽っていると、ふと聞こえた男性の声。

 顔を上げると、同い年くらいの、イケメンの男性。しかも、好みのタイプ。でも、左手の薬指には指輪があった。

 「いえ、これを頂きます。」

 素知らぬ顔でそう答えると、その男性はまぶしい笑顔で会釈した。


 やっぱり、王子様なんていない。

 様々な苦労を経て、汚れてしまったシンデレラは、新しいパンプスのヒールを響かせて、また日常に繰り出していく。

 舞踏会なんて待っていない。ガラスで出来た靴なんて役にも立たない。でも、そこにこそ「シンデレラ」の居場所がある。


 灰をかぶっただけでお姫様になれるような、世間知らずのガキには、もう戻れないことくらい、よくわかっていた。


 ガラスの靴
 (そんなガラクタ必要ないの!)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ