挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

拡大された修辞法 Rhetoric or Retreat

作者:S/Z
・ルビをつなげて独立の文章にする
・2つの長いパラグラフを対句にする
・小説のテキストから漢字二字熟語だけを取り出して、まったく同じ構造を持つ文章を書く
・リポグラムの抜かれた文字をアナグラムしてメッセージをつくる
・否定文を一切使わずに文章を書く
・文章中に出てくる注釈でクロスワードパズルをつくる
・会話文と地の文をまったくつながりのないものにする

1/~は創作論的な内容で、修辞法についてのテーマは2/~から。
1/1 テクストの任意数について(不自然な統一)
2017/09/30 10:17
1/2 拡大された修辞法の定義
2017/09/30 10:52
1/3 架空の偉人から引用すること、架空の書物から引用すること
2017/09/30 11:22
1/4 ホフスタッターの法則
2017/09/30 11:38
1/5 本物の小説家はサクラエディタを使わない。
2017/10/01 08:46
1/6 登場人物名の経路依存からの解放宣言
2017/10/01 09:00
1/7 歌詞の引用について
2017/10/04 09:18
1/8 物語の基礎哲学-Lunatic Sensu Representation-
2017/10/06 20:54
1/9 言語問題(~その2)
2017/10/06 21:03
1/10 翻訳理論(~その3)
2017/10/06 21:19
1/11 ウォーターフォールとアジャイルの投稿小説への応用
2017/10/09 10:09
1/12 各話タイトル(疎らな表題について)
2017/10/10 16:08
1/13 普遍言語(~その4)
2017/10/10 16:11
1/14 言語障壁(~その5)
2017/10/14 04:25
1/15 権利侵害オプトアウトモデルの未来
2017/10/17 05:23
1/16 読んで”みたい”本 5冊 
2017/10/18 00:23
1/17 執筆における2つのアンチパターン
2017/10/18 17:42
1/18 誤謬に対処すること(説明的な予防線はなぜ無意味か?)
2017/10/19 01:58
1/19 ハッピーエンドとバッドエンド
2017/10/25 18:10
1/20 ネタバレするというアートについて
2017/10/26 03:28
1/21 Perl/Tkでテキストエディタを書くときのメモ
2017/10/28 22:25
1/22 跋
2017/11/01 00:18
1/23 書くことの高レイヤー(書くための準備段階)
2017/11/01 09:05
1/24 書くことの低レイヤー(書くための準備段階)
2017/11/01 09:06
1/25 準言語体系(~その6)
2017/11/04 01:24
1/26 異世界障壁(~その7)
2017/11/04 02:06
1/27 哲学の終焉(~用語集)
2017/11/04 09:18
1/28 参考文献:(用テンプレート作成サイト)
2017/11/06 15:38
2/1 ルビについて思うこと(並行暗号文)
2017/10/01 11:54
2/2 曖昧文法(ぼかし言葉など)
2017/10/01 12:10
2/3 Pataphorについて(妖精現実のイーリアス)
2017/10/01 12:39
2/4 チヌーク語法
2017/10/01 12:48
2/5 三階建てのルビを振る方法
2017/10/03 20:34
2/6 否定文を一回も使わない文章について(変形版リポグラム)
2017/10/03 20:42
2/7 セリーヌ風構文
2017/10/05 18:44
2/8 コートダジュール・ストリーミング(会話文と断絶の境界)
2017/10/06 19:48
2/9 オーラン・アタックの初歩
2017/10/06 20:05
2/10 文章中の空白文字とスペース(表現の拡張)
2017/10/08 12:31
2/11 避けるべき表現とその根拠
2017/10/09 09:23
2/12 日本語の分かち書きのプロトコル
2017/10/09 09:48
2/13 踊り字とその他の繰り返し記号について
2017/10/09 10:04
2/14 登場人物によって「私」と「わたし」を使い分ける可能性について、または「僕(おれ)」
2017/10/10 16:13
2/15 言うと云ったの使い分け(表記ゆれの活用)
2017/10/10 21:17
2/16 秘すれば花の色力学(ペダンティックの逆現象)
2017/10/11 19:34
2/17 ちょっとした接続表現(文体備忘録)
2017/10/11 20:17
2/18 登場人物の名前を自動生成する
2017/10/12 17:35
2/19 マルコフ連鎖で固有名詞の自動生成(データベースにもとづく)
2017/10/14 02:59
2/20 ら抜き表現とれ抜き表現
2017/10/14 03:51
2/21 「めしい」は差別用語なのか
2017/10/14 09:01
2/22 小説の書き方の書き方
2017/10/14 11:11
2/23 小説の書き方の書き方の書き方
2017/10/14 12:42
2/24 コロケーションの隣接定理
2017/10/15 00:07
2/25 日の出と日暮れ附近の時間帯表現 まとめ(シソーラス)
2017/10/15 00:18
2/26 マルコフ連鎖で固有名詞の自動生成(2)
2017/10/16 01:01
2/27 具体的であればあるほど予測が当たる確率は高まる(暗示的具象化)
2017/10/16 04:41
2/28 'パタフィジックなセンテンス
2017/10/17 06:48
3/1 カットアップと文章生成(自動筆記の自動機械化)
2017/10/17 19:11
3/2 メタ英語と統語(アイデアノート)
2017/10/17 22:39
3/3 作品総合案内1
2017/10/18 01:24
3/4 作品総合案内2
2017/10/19 18:05
3/5 作品総合案内3
2017/10/19 22:09
3/6 作品総合案内4
2017/10/20 00:30
3/7 作品総合案内5
2017/10/20 17:46
3/8 作品総合案内6
2017/10/20 22:51
3/9 作品総合案内7
2017/10/20 23:05
3/10 拡張リポグラムと濃度操作(注釈ネストの実例)
2017/10/20 23:09
3/11 注釈集積技法/注釈ネスト(「なんとなく、クリスタル」)
2017/10/21 02:14
3/12 参考資料無しでの固有名詞生成
2017/10/21 07:48
3/13 (廃案)添字法について
2017/10/21 07:54
3/14 表記ゆれを固有の意味に運用する(ハイデガーの語用)
2017/10/21 16:16
3/15 括弧ネスト
2017/10/22 08:00
3/16 Latticeと呼ばれる文体について
2017/10/22 08:16
3/17 完全対句法(エクバタナ・コピーキャット)
2017/10/23 09:39
3/18 会話文におけるきわめて有益なテクニック(車輪の有益性)
2017/10/23 10:49
3/19 リポグラムに対するいくつかの余録
2017/10/24 00:11
3/20 擬人化の基礎理論を整備する(ラカンかく言えり)
2017/10/24 08:12
3/21 クラインの四元群(寄宿学校のジュリエット)
2017/10/24 16:50
3/22 セカイ系について(ポストモダンの予言)
2017/10/25 10:50
3/23 「時」及び「とき」並びに「嫌う」及び「きらう」における使い分け
2017/10/25 22:31
3/24 吾輩は猫であるか?(集計的アプローチ)
2017/10/26 06:56
3/25 好著推薦 WEB小説「最近、妹がグレブナー基底に興味を持ち始めたのだが。」
2017/10/26 12:33
3/26 概念TIPS:疑似個人情報
2017/10/28 00:32
3/27 レーシック手術やフェイキックその他いくつかの視力矯正手術を受けることのリスクと無意味さについて
2017/10/28 21:39
3/28 少女病構文(連用シンタグマ)
2017/10/30 08:11
3/29 「として」語法のガイドライン
2017/10/30 08:34
3/30 【物語音楽入門】最愛の人物を、何らかの要因によって殺してしまう曲・3選
2017/10/31 19:20
3/31 叙述描写のライブラリがほしい
2017/10/31 19:56
4/1 机の上にある一個のリンゴを
2017/11/01 07:08
4/2 二つの実相、二つの実装(神聖ハスケル帝国の様相)
2017/11/01 10:25
4/3 なぜ女性はダイエットではなく減量をしないのか?(純粋共示的言語操作)
2017/11/01 17:58
4/4 色のある文体(グレリングのスタイルシート)
2017/11/01 23:42
4/5 魔女と聖女シリーズの魔女集(設定集の外部化)
2017/11/02 17:47
4/6 概念TIPS:最近傍探索
2017/11/05 12:47
4/7 └具体の科学(対話小説)a.
2017/11/05 15:32
4/8 無限に小説をつくる方法(次項目の関数を定義)b.
2017/11/05 15:51
4/9 自動的に奇抜な発想をする(博物館を博物館へ)c.
2017/11/05 16:12
4/10 差異と反復の発想学(アイデアを数式でわかりやすく導出)d.
2017/11/05 17:01
4/11 読んで書き、書いて読む
2017/11/06 01:05
4/12 ミルトンの循環語法
2017/11/06 14:08
4/13 情報即真実(一人称視点について)
2017/11/06 16:35
4/14 出版されたスパムアート
2017/11/06 21:26
4/15 写像の国のアリス(アクロスティック)
2017/11/07 01:47
4/16 よい翻訳者もよい作者も存在しない
2017/11/07 18:05
4/17 ネオロジズム(言語新作)
2017/11/07 19:45
4/18 拡大された修辞法 Rhetoric or Retreat
2017/11/07 22:02
4/19 In medias resとAb ovo(不連続体としてのrecit)
2017/11/08 01:05
4/20 登場人物の名前がタイピングしにくい
2017/11/08 01:31
4/21 トールキンとオーウェンの言語対比(風ボナンザグラム)
2017/11/08 02:21
4/22 構造の擬人化
2017/11/08 06:20
4/23 フレーズ改変学(まとめ)
2017/11/08 06:50
4/24 好著推薦 WEB小説「紫苑の書」
2017/11/08 22:43
4/25 十二音技法(オーランアタックの上級)
2017/11/09 03:39
4/26 物書きに必要なのはわかりやすい正規表現
2017/11/09 16:32
4/27 メトポリパールの三段冗語話法
2017/11/09 17:56
4/28 造語法
2017/11/09 18:36
4/29 なぜ場面転換記号は「米」なのか?
2017/11/09 20:53
4/30 時計術の固有名詞・覚え書き
2017/11/10 16:20
5/1 然るべき表現のまとめ(シソーラス)
2017/11/11 00:20
5/2 相関関係の擬人化(三権分立論)
2017/11/11 04:11
5/3 執筆の微妙な話題(低レイヤー)
2017/11/11 05:11
5/4 執筆の微妙な話題(高レイヤー)
2017/11/13 04:23
5/5 わけの分からない文章の6類型
2017/11/13 05:11
5/6 スターシステム至上主義について(擬人化の応用)
2017/11/14 20:53
5/7 スターシステム至上主義について(枕詞と表現基底)
2017/11/15 03:39
5/8 スターシステム至上主義について(象徴のゲーム)
2017/11/16 00:51
5/9 創作世界の魔法のフレーズ(1729)
2017/11/18 10:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ