挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

アイアンマン

作者:nnn
誰かおれにラジオ番組をくれ。話したいことがいっぱいあるんだ。偽者の霊媒師たちにしょんべんみたいな霊感。おれは本物のシャーマンだ。精霊がおれのなかで怒っている。どうしておまえはおれを頭のなかに閉じ込めておくんだ。偽善者たちに神の雷を落とすんだ。正気を失ったアイアンマンが、邪悪な群集の手足をもぎとる。人々は無意識に気づいている。自分たちは罰をうけるべきだと。たくさんの痛みと苦しみがいつか必ず自分たちにおとずれると。人々は一人残らず血の涙をながすだろう。キリストの墓をほりおこす。そしてシャーマンにすがる。頭のまわるやつはきづいたようだ。自分たちがゆるされることはないということに。そいつらは神の同情をひくために自らを罰しはじめる。妻の首をきりさき、子供をレイプして生きたまま燃やした。そいつらは気づいたはずだ。アイアンマンが仮面のしたで笑っていることに。調子づいた群集はさらに多くの人間を拷問して殺し始める。アイアンマンは静かに見守っていた。人々は狂気のなかでなぜ自分たちが殺しあっているのか忘れてしまっていた。そして頭のいかれたひとりの男がアイアンマンを罵倒し始めた。しばらくアイアンマンは動かなかったが、やがてゆっくりとゆっくりと立ち上がった。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ