挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

100%成功する、ダイエット

作者:久賀 広一
当たり前ですが、こんな話はこのようなサイトの主旨とは関係がありません。

しかし、あまりにもその手のネタが多く、失敗も見かけるため、100%成功するダイエットを紹介したいと思います(今ごろ何を言い出すのか・・・)。

すべての職業の方に通用するわけではありませんが、込み入った話でもありません。

その行動は二つ。
まず一つは、いつもより30分早く寝て、一時間早く起きること。そしてコップ一杯の水を飲み、一時間歩くこと。
それだけで数日後にびっくりするほど体重が落ちはじめます。(当たり前だ)

そしてふたつ目は、何をいくら食べても構いませんが、必ずお腹がくまでカロリーを採らないということです。

小腹がすいたなら小腹ぶんのカロリーを採ってもかまいません。
ただ、ガッツリ食べる場合は、ガッツリお腹が減っていなければなりません。

よく言われるように、痩せることはそれほど難しくないのです。
しかし当たり前のようなこの二つの条件を満たせることが、いかに難しいか。
痩せることで、(主に女性に)幸福が待っているわけではありません。
話が少しズレますが、美人と、そうでもない容姿の人を比べても、結婚の達成率に差がないことは統計学で発表されたらしいですね。『ホンマでっか!』
(むしろ男の方が、結婚に関しては容姿の差がつらい結果を生んでいるという)

つまりまあ、脂肪にこだわっているのは自分の問題で、幸福か不幸かというのは、そこにコンプレックスがあるかどうかの本人次第ということであります。

美に執着を感じて、病気になってまで痩せようとする人がいますが、結局中身に課題があるというのは、美人の独り身の例が証明されているかもしれません。

でも、好きでもない相手にも、動物的にキャーキャー言われたいのなら、まあそれなりの対応を求められることになるでしょう。

結局のところ、こちらに過剰な反応をしてくる人物というのは、ちょっとしたことで態度を変える未熟な人間ということです。

だから太っていようが、痩せていようが、あなたが手に入れる幸福に大差はありません。

ただ、自分はこうありたいな、というほうに、自分のペースで歩んでいけるあなたが、幸せについた脂肪を落としていけるかたなのです。

ダイエットは、辛い行動を指すのではありません。
ただ、こっちの方に進みたいかな、という程度の、散歩のようなものでいいと思います。
幸せは、いくらでもその道に落ちていて、許すことや振り返る余裕ができた時、あとから好きなだけ拾うことができるものであればいいし、そんな人が自由だと信じたいですね・・・。








かなり無茶な内容ですが・・・

お付き合い頂き、ありがとうございました

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ