挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

気の利いた秘密

作者:瓜
最近、文章を書こうとすると理屈っぽくなってしまいます。何故でしょうか…
中学、高校に上がっても、訳の分からないレクリエーションやら、日程の調整やらで"遊ぶ"事がある。
所謂ハンカチ落としだとか、椅子取りゲームだとか、そういった類いのものだ。
それ自体はまあ、良い事だと思う。親睦を深める目的もあるのだろうし。
しかし、遊びに罰ゲームが加わってくると、呑気に良いとも言ってられない。
少なくとも、私のような陰キャラにとっては。

「何でもバスケットするよ!最後に立ってた人は罰ゲームね!」

罰ゲームというのは例えば、「何か秘密にしている事を、一つ暴露する」などがある。
むしろ、遊びの罰ゲームなんて、大抵これではないか。

ここで少し、レクリエーションの参加者になったつもりで考えてみて欲しい。
貴方は、"暴露出来る"秘密があるかどうか。
暴露出来る、してもいい秘密は、秘密ではないと思うだろう。
私もそう思った。
そして、見事に罰ゲームを食らい、"ガチの"秘密を暴露してドン引きされた。

私の秘密なんて、貴方は興味無いと思うが、一応、例として挙げさせて貰う。
秘密の暴露を迫られた私は、どもりまくった末、こう言ったのだ。

「…爪切りで、足の角質を抉ったり、針で皮膚をチクチクしたりするのが趣味です」

これは酷い。
文章化していて、改めて思った。
どう反応したらいいのか分からない上、やっている事がかなり気持ち悪い。
案の定、周りからは一瞬の静寂と、引き攣った笑いが生まれただけだった。

私自身、喋りながら「あ、しくじった」と思っていた。
だが、仕方なかったのだ。
私の秘密なんて、これ位しかなかったのだから…
そして、考えた。
彼らは、どのような答えを望んでいたのかを。

おおよその検討はつく。
恐らく、青春の甘酸っぱさを感じさせてくれる話ーー恋バナなんかが良かったのだろう。
しかし、それは土台無理な話だ。
万年コミュ障キモオタに、真っ当な恋愛なぞ出来る訳ないだろう。
それで「私の想い人はz軸がありません」なんて言ったら、更に引かれていた筈だ。

だから、結局あれが"私にとって"の最適解だったのだ。
ガチの秘密を暴露する事が。
しかし、"周囲にとって"は、それが最適解ではない。

この両者のギャップを埋める事が、円滑なコミュニケーションには必要なのかも知れない。
溝が開いたままだと、空気読めない奴扱いされるからだ。
私はそうだった。

ギャップを埋める事と、秘密の暴露は、必ずしも結びつく訳ではないが…あの場で"気の利いた"秘密を語れた(騙れた?)のならば、私は多分、ぼっちにならなかっただろう。
私は、暴露出来る秘密を用意しておくべきだったのだ。

それから、相手の求める答えというものを意識するようになった。


…それで、ぼっちは脱却したのかって?
いいや、全然。私は相変わらず友達がいない。
拙作を読んでいただき、有り難う御座いました。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ