挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

見上げる女

作者:安良久 理生
女が一人、まだまだ夜道を歩く人が多い歩道の途中で佇み、ネオンサインの明かりの中で夜空を見上げていた。
その瞳には涙をたたえており、それが今にもこぼれ落ちそうになるのを堪えるように顔を上へと向けていた。
夜の光の中に立つ彼女を、ある者は邪魔に思いながらも家路へと急いで黙って通り過ぎ、あるいは酒の入った数人のグループがいたずら半分に声をかけるも、反応を返さない女に悪態をつきつつ皆がすれ違って行く。
そうした人波を無視した女の目には細かな玻璃の欠片のように夜空の星々が映り込み、女の顔の中でも輝いていた。そして一体どの程度の時間をやり過ごしたのだろうか。辺りに人影が少なくなった頃、ようやっと女はその顔を下へとゆっくり向けた。その動きに伴い、両の目からは涙が頬を伝ってこぼれゆき、やがて顎からアスファルトの路面に小さな水たまりを作っていった。
女はその涙を拭うこともせず、またしばらくそのままでいたかと思うと、おもむろに片方の脚を上げ、その下にあったものへと目をやり、そっと、静かに、呟いた。

「…………犬のウンコ、踏んじゃったよう。新品のブーツなんだよう」

女は一人、しくしくと泣き続けた。
初投稿作がこんなアホな話で申し訳ないですm(_ _)m

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ