挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

私が今日2時間ほど〔その他〕(エッセイ)をよんで思ったこと

作者:下半身脳直結系高校生
鬱展開批判に対しての批判…というか正論…ですかね?
そんなものとか、あとはなろうシステムに対する意見だとか…

いやー、皆さん本当尊敬します。私では考えもつかないこと…とはいきませぬし、やはり思いついているところはあったのですが言い出しづらいことを書き連ねて下さる。
そんなものを読んでいると私もなにか書きたくなっちゃって今筆をとったわけですが、何にも書くことがなく雑記しかできない!すごいね!
てなわけで私がこれより書くのは、そうですね、高校生の下半身直結脳の微笑ましい若者のわりとマジの感想…ということでいかがでしょうか?

では、文章構成力のない私が何を出来るわけでもないので、取り敢えず私ら中二病患者であったり、社会に未だ出ておらず社会を舐めきっていたりあるいは社会にたいして希望を見いだしてない、ようはそんな高校生ども。
そんな彼らの考えることを…失礼?そんな彼らの皆様。
そうだね、これは一部の感想だねほんとごめんねもう。
まぁ、そんなこんなの奴らの一部…すなわち私が前述した意見に対する感想だとか何だとかを書きましょうか。

まず私は基本チーレム大好きです!なんでだろうね?読みやすいからかな?何も考えなくていいからかな?社会と違って楽だからかな?そんな彼らを〈ねぇよw〉と嘲笑いながらどこか期待している自分がいるからかな?
今疑問符をつけた点、その全てが答えなのですがそれに付随して。
まず大前提として我らは人生を舐め腐ってるのですよ。
それと同時にどこか自分の人生に諦観を感じているのです。
それを込みすると、この時間の浪費…
すなわちチーレムものを読む…
あぁ!チーレムものといってもあれよ?ほら。
なんていうのだかねぇ…なにかほら、〈節〉というのかな?
そういう文章の作り方とか設定の作り方とか、そういうのめっちゃうまい人とかぱーっとみてるといますが、まぁそんなのを除いて、ということで、
えー、まーそんな世間一般で〈駄作〉と評される作品どもだったり中身のない、一部の人…むしろ大勢の方?からしたら〈気持ちが悪い〉と評されるような作品たちを読むという行為それを〈時間の浪費〉と形容したわけですが、まあそんなものに私はむしろ希望を見いだしているのかもしれない?と、私もわからないのですが、恐らくこんな所だろうかと思います。
えー、そんでもって、です。
私なんてものは単純思考でしてね。
なんかこう、〈こんな主人公ヤバくね?強くね?〉みたいなくっそくだらないことを、日常の中考えているわけですわ。
例えば私ですとー、そうですねぇ…
あ、前述したこと、覚えています?
〈社会を舐めきり、諦観している〉
それこそが私で、その上で、ですが

〈何らかの結果ないしは行動は、全てが理由付けされたものであり、その理由というのは無意識下で動いているものだとしても、それすら行動パターンから分析可能であり、その全ては予め予測可能である。
そしてそんなことができる主人公がいたらヤバクネ?よくね?〉

まぁこーんなことをかんがえているわけです。
そして私は〈こんなこと不可能である〉と思いつつ、未だにこれは真理だと思ってます。というか間違っているはずがない、と思い込んでいるのですかね?

あ、今のところに対する感想/批判はめっちゃ欲しいです!なんせこれ否定して欲しいと心の底で思っているのは間違いないのですから。
だってそうでしょう?これの肯定はすなわち〈人生の諦観〉に繋がりますから。

話がそれまくりましたがもう少しで収束いたします。
……やべぇ!とはいったものの書くことがねぇ!
と気が付きましたので、それでは収束させちゃいましょ
…ま、アレです

テンプレチーレム、頭を空っぽにして読むべきなんですよ。
なーんにも深く考えない。時間の浪費。
私は、社会を舐めきり諦観しているようなやつらは。
それこそを心待ちにしているのですから。

…と、適当に述べて。それでは続けていきまひょ。

鬱展開!
それは、確かに人生に存在して然るべきであり、むしろ存在しないことなど稀有、ほぼないといって間違いないでしょう。
そして、物語上でも、物語の中の〈世界〉においても存在することこそが自然、いやはや、全く以てその通りです。
……というかわたし、言うほど鬱展開嫌いじゃないんですよねー…
というか?ほら、人生の諦観にはなんかね、人生はそう言うものであるという諦めが念頭にあって、ですねー。
なんかこう、鬱展開批判批判批判だとか書かれても〔へーそうなん?〕程度にしか思わないんですねー。
ま、何よりほら、運命の英雄譚の桜ルート読めるような連中ではあるのですよ、私達高校生は。(高校生だろ?とか言ってはいけない。精神は高校生なのです。)
しかしねー、〈そのような展開〉〈そのような雰囲気〉を楽しむのは良いのですがねぇ…なんというかなぁ…こう!

なろうの鬱展開は大半が〈コレジャナイ感〉!
そう、コレジャナイ感が、すごいのですよ!
だからね…最初の方だとか読んだりしてみて、なんとなーく期待が薄いんです…すまんね!
ほんともうね!なんというか…なろうでだれか〈コレジャナイ感〉ない鬱展開書いてくれないかな!よみたいよ!

はい。こんな感じで。

そろそろ書き始めて一時間たったみたいなので、私は一度もこれからこの文章を読み返さずに投稿してみます。
うぇーい誤字脱字のみっなさーん!見直しゼロの私とどっちが多いか勝負だぞー☆

……最後の方とかぐだぐだでしたし、もうなんか拙いとかいうレベルではない文章でしたし面の皮云々だの言われたらもうどうしようもないしもう素面に戻ってこれ読み返したくないくらい酷いと思いますが投稿します。なんででしょうね?
それでは。また機会があれば。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ