挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

短いお話

あと何回、君と・・・

作者:さら
オカザキレオ様、にゃん椿3号様主催「君と夏祭り」企画参加作品です。
「早く早くー、花火始まっちゃうよー」
 少しせっかちな君が、玄関の外から僕を呼んでいる。
「そんなに急がなくても大丈夫だよ」
 そう言いながら玄関先へ向かうと、金魚柄の浴衣を着た君が、僕の前でひょこっと足を上げた。
「見て、これ。買ってもらったの」
 君の足には赤い鼻緒の下駄。
「そんなの、歩きにくいだろ? どうせ足が痛くて歩けなーいとか言うんだから」
「言わないもん。そんなこと」
 少し頬を膨らませた君と一緒に歩き出す。
 夏の終わりの空はまだ明るく、ほんのりオレンジ色に染まっている。

 ふたり並んで、花火の打ち上げられる河原に向かって歩いた。
 君はさっきからずっと、僕の隣でしゃべっている。
 女の子って、どうしてこんなにおしゃべりなんだろう。
 去年よりもさらに、君は口数が多くなったみたいだ。
 河原に近づくにつれ、君と同じような浴衣姿の女の子たちが増えてきた。
 迷子にならないように手を握ったら、君も僕の手を、きゅっと握り返してくれた。

 やがて土手の下に、いくつもの屋台が見えてくる。
「あたし、リンゴ飴食べたいな」
「大きすぎて食べられないくせに。去年も残したよね?」
「じゃあ半分ずつ食べよ?」
 君が僕を見上げて、にこりと笑う。

 河原に降り、屋台を見ながらぶらぶら歩いた。
「金魚すくいしたい」と言う君に「やめといたほうがいい」と言った。
 去年お祭りですくった金魚は三日で死んでしまって、ふたりで庭に金魚のお墓を作ったじゃないか。
 君はまたふくれっ面をしていたけれど、リンゴ飴を買ってあげたらすぐに機嫌が直った。

 あたりがうっすらと暗くなる。
 屋台の照明が、君の持っている赤いリンゴ飴をさらに赤く照らす。
 川のそばにシートを敷いて、ふたりで座った。
 しばらくすると、空に金色の花がいくつも開いた。

「綺麗だねー」
「すごいねー」
 君は嬉しそうに、次々と打ち上がる花火を見ている。
 僕は花火の色に彩られる、君の横顔を見ている。
 ひと際大きい花火が、夜空いっぱいに開き、君が歓声を上げた。
「今のすっごく大きかったね!」
「うん。そうだね」
 無邪気な君の声を聞きながら、僕はぼんやりと考える。

 あと何回、君と花火を見られるだろう。
 あとどれくらい、君の隣にいられるだろう。
 いつか君は僕から手を離し、僕の知らない人とここへ来る。
 僕の知らない誰かと、こうやって並んで空を見上げる。
 その日の君も今夜と同じように、頬を色とりどりに染め、幸せそうに笑っているんだろうな。

 花火が終わり、人ごみの中をふたりで帰る。
 土手の上を歩きながら、君は去年と同じことを言う。
「疲れたー、足痛い。もう歩けないー」
 僕は立ち止まり、小さくため息をつく。
「しょうがないなぁ、だから言っただろ? 歩きにくいって」
 半べその君の前に、背中を向けてしゃがみこむ。
「ほら、おんぶしてやるから」
「うん!」
 僕の背中にふんわりと、でもずしりと、君の重みを感じる。
 去年よりまた少し重くなったみたいだ。

 赤い鼻緒の下駄を手に持ち、浴衣姿の君をおぶって歩く。
 あと何回、僕は君をおんぶできるのだろう。
 許されることならこのままずっと、僕のそばにいて欲しいけど。
 君の未来へ流れる時を、止めることなんてできないから。
「パパ?」
 そんな僕の背中に声がかかる。
「来年もまた、一緒に花火見ようね?」
 そうだね。来年もまた、ふたりで来れたらいいね。

 花火の余韻を胸に抱き、ゆっくり家へと向かう帰り道。
 やがて僕の背中から、幼い君の、小さな寝息が聞こえてきた。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ