挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

小噺 隠者 バケモノの隠者と愚か者

作者:噺 遊月
「はぁ。」
「どうしたの、アリスタため息をつくなんて珍しいね。」
「…遊月か。」
「うん。というかここに来るのいつぶりなんだ?」
「お前こそ、グチャグチャな物は安定したのか?」
「ひとまずね。姿がかなり変わったけど。」
「そうだな。すっかり変わっている。前は黒髪で着物を着ていたのな。」
「この姿もそこそこ気に入ってるんだけどね。それで、どしたの。」
「いや…俺が今住んでる世界の生徒のとのことでな。俺は人形の生物どころかただの生物であるかも怪しい。それに強すぎるだろ、俺は。」
「そうだね。相対的に圧倒的にアリスタの方が強いよね。」
「そうだ。それで…バケモノだと拒絶されないか…と。」
「うわー。正直そこで悩んでいれる状況に嫉妬するんだけど。」
「…そうか。すまない、配慮が足りなかったな。」
「まあ自分なら隠しているのが嫌だから告白しちゃうかな。その告白をしても拒絶されないタイミングで。その見極めが大変だけどね。」
「………やはり告白したほうがいいか。俺が生物だと言えるかすらも曖昧な存在だと。」
「多分ね。拒絶されるのが嫌なら隠すほうが無難だけど。それにそっちの世界が落ち着いてからにした方が。」
「分かっている。今はゴタゴタしているからな。」
「あと、死神のシャドウはどうしたの。」
「お前の前では出ないんだと。お前のグチャグチャを見てからこうだよ。」
「そっか。聞こえていないだろうけど、ごめんね。」

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ