挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

『雲 気』

作者:詩織



見て、あの雲、


「ん?」



 なんだか、竜みたい



「ほんとだ、」



 あ~ぁ、崩れちゃった、


「。(笑)」







ひとときとして同じ雲を見ることはない。


時として龍に見えていた雲は


すでにその塊を崩し


悠々と下界を見下ろしている。


その同じ塊がつぎになにを魅せるかは


誰も知らない。





大切なものは 


いつも手のひらを零れ落ちて 


掴もうとすればするほど届かなくて、


そして 気付いた時にはもう… 




哀しいのは離れてしまった距離


さよならも言わず 終った恋。



あの日とおなじ空の色… 


朝の風は冷たく 


遠雷が冬を告げる。



挿絵(By みてみん)

鉤状雲かぎじょううん

絹雲の先端が鉤状になっている雲。




あしたから寒くなるって、


風邪ひかないでね♪



評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ