挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
トポグラフ・マッパー夢原涙子 作者:遥飛蓮助

第二章:はねっかえりバタフライ

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

29/39

四、夢の中へ①(了)

 クサカベ・トモが『当時学生だった女の子』からの激励の言葉を言った時点で、ユリカの視界は涙でぼやけていた。それでも走ることをやめず、一直線にアーケード商店街に入った。
 鞄はタクシーの中に置いてきてしまった。夢原が持って来てくれるだろうと頭の片隅で思いながら、本当は身一つで故郷に戻れば良かったのだと悟った。
もう少し早く会いに行くべきだった。こんな近くにいたのに、どうしてもっと早く会いにいかなかったのだろう。『後悔』の文字が、ユリカの体を脳天から突き刺した。
「あああああああああああっ!」
 負けない。この程度の後悔で負けるものか。ここで負けたら、一生自分を許さない。ユリカは腹の底から声を出し、ラジオ局までの道のりを全力疾走した。
 一瞬、クサカベ・トモと出会い、二人でたわいのない会話をした場所が視界を掠めた気がした。

 夢原がタクシーでラジオ局に着いた時、ユリカの姿はどこにもなかった。
 タクシーは短時間であるが渋滞に巻き込まれたため、ユリカの所在は不明だった。走っている途中で転んでしまったのか。それとも、と夢原はユリカの荷物を持ってタクシーを降りると、ラジオ局に入った。
 ユリカは、ヒールの高いブーツを脱いで、ラジオ局内の長ベンチに横たわっていた。
「ハヤマさん!」
 駆け寄った夢原に気付いたユリカは、気怠そうに頭を持ち上げた。顔は涙で濡れており、化粧が落ちていた。
「大丈夫ですか、ハヤマさ――」
「夢原ちゃああああああんっ!」
 ユリカは思い切り両腕を広げ、夢原に抱きついた。体格差のせいで、夢原がユリカの腕の中にすっぽり収まってしまったが、ユリカは構うことなく泣き出した。
「あのっ、ハヤマさん?」
「クサカベ・トモに会えなかったああああああ!」
「それは……残念でしたね」
「でもまだ活動してるって言ってた! また会える! あたし、またクサカベ・トモに会えるんだよ! うわあああああああああっ!」
「そうですか。よかったですね」
 夢原も、泣きながら叫ぶユリカの頭に手を伸ばし、「よしよし」と優しく撫でた。
「ハヤマさん。あなたは何を思って涙しましたか……って、聞くまでもありませんね?」
 ふふ、と笑う夢原に、ユリカが不服そうな顔で、垂れた鼻水を服の袖で拭った。
「夢原ちゃんはもう『ハヤマさん』って呼ぶの禁止! これからは『ユリカ』って呼んで!」
「分かりました。ユリカさん」
「だーかーらー、『ユリカ』って呼んでよ~!」
 涙と鼻水を流しながらも、ユリカは笑った。クサカベ・トモには会えなかったが、それでもユリカの胸は青空のように澄み渡っていた。
 真っ直ぐに思いをぶつけ、無鉄砲に突っ走る自分を思い出すことができた。
 ユリカは夢原への感謝と共に、過去の自分を取り戻してくれた自分に感謝した。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ