挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
奴隷の少女がなんだか凄い。 作者:戯画葉異図
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/20

いち 子供

 奴隷を一人、引き取ることになった。

 ありきたりなことに、女性の。

 なんでも、俺の遠い親戚の、さらにまた遠い親戚の誰かが亡くなったそうで、そこで働いていたやつの行くアテがどこにもないということらしい。

 主人を失って、路頭に迷っているらしい。

 今ドキ奴隷なんて、世間からの目も温かくはないのだから、非常に気の毒というか、俺以外の親類が全員引き取り拒否をしたのも頷けるというか、そんなこんなで、俺の家に来ることになった。

 俺は家事が大の苦手であったので、こんなにまで渡りに船な話もそうそうない。

 食べるものと寝るところを適当に与えて、家事の方は本人に丸々任せてしまってもいいだろう。

 奴隷と言えば聞こえは悪いかもしれないが、言い換えれば、お手伝いさんみたいなものなのだし。

 住み込みで働いてくれるお手伝いさんみたいなものなのだし。

 なんだったら賃金のことも、考えてもいいと思っている。

 給料。

 たぶん、ヒトが生きるうえでの最大のモチベーション。

 もしくは上位を争うレベルのモチベーション。

 それで仕事により一層力を入れててくれるのであれば、それまた、なおさら。

 元の主人を失って傷心だろうし。

 奴隷とは言わせないような、人並みの労働環境と生活環境を提供したくも思う。

 俺とて鬼ではない。

 どころか、人を人として接することのできる良い人間だと自覚している。

 優しいのだ、俺は。

 ……おそらくは。

 いや、それは置いておいて。

 奴隷、もといお手伝いさんは、もうそろそろ到着してもよい時間とのことなのだが、はて、道に迷ってはいないだろうか。

 ちょっと遅れているが……。

 ……お。

 呼び鈴の音。

 来たようだ。

 俺は扉を開ける。

「遅れて申し訳ありません。道に迷っておりましたので……」

「はい、大丈夫ですよ。さささ、お入り……あれ」

 最初、俺は、扉を開けたその場には誰もいないように見えた。

 自分が出かけるときとまったく同じ風景だ。

 おやおや?

 呼び鈴は気のせいだったか? 今の声は空耳だったか?

 ううむ、確かに聞こえたような気がしたのだがなあ……。

 頭をポリポリとかいて、俺はギギギと扉を閉める。

「ちょ、ちょ、ちょ、待ってください。私はここです。ここにいますから。私を勝手に消さないでください」

「え?」

 確かに聞こえた。

 しかもなんか、低い位置から。

 低い位置から、高い声が。

 子供みたく、高い声が。

 いや、高い低いはともかくとして、高低差なんてどうでもよくて、声の出所と思われる場所を見る。

「…………」

「…………」

 子供がいた。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ