挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
悠久の愚者アズリーの、賢者のすゝめ 作者:壱弐参

第二章 ~色食街編~

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

40/271

039 バラードの乱

 リナの指示を求めたバラードが鋭い目つきでオルネルをけん制している。
 蒼い瞳がオルネルを捉え、その動きを確実に御している。
 これは蛙を睨んだ蛇、蛇に睨まれた蛙だな。

「くっ!」

 オルネルが焦りながらも重いプレッシャーに耐えている。
 ゆっくり上がった手が震えながら宙図を始める。

「フリーズファイアッ!」

 中級系火魔法。
 冷たい炎と言われる竜族に効果のある魔法だ。これをバラードはどうする?

 パンッ

 暖簾(のれん)をかきわけるように弾いたぞアイツ。

「なんだあの戦闘力は」
「わ、私にだってあれくらい出来ますよっ」
「お前はレベル100だろ、バラードのレベルは……」

 すぐに鑑定眼鏡を発動してバラードを視る。

 ――――――――――――――――――――
 バラード
 LV:18
 HP:1413
 MP:368
 EXP:18020
 特殊:ブレス・空間干渉
 称号:四翼の竜・上級使い魔・ランクB
 ――――――――――――――――――――

 ざ、タフネス。
 なんだあの生命力は?
 およそレベル18のHPじゃないな。空間干渉は俺の部屋の窓を開けたあの超能力の事か。
 ランクB相当の実力って事か。モンスターならこの称号は付いて然るべきか。ポチは動物だからランクの称号が当てられない。
 ここで差が出ているのもあるが、何よりも既に上級使い魔ってところが引っかかる。
 やはり頭が良いからか。なんて羨ましいんだ、リナッ!

「今、私に対してなんか失礼な事考えませんでした?」
「今じゃない。常にだ!」
「奇遇ですね、私もです!」
「なんて使い魔だ!」
「とんだマスターですよ!」
「それより来月、バラード(あいつ)どうやって倒すんだよ。絶対強敵だぞっ」
「アズリーって人がきっとなんとかしますよっ」

 なんだ、それなら安心――

「――な訳ねーだろ!」
「あ、リナさんが動きますよ!」

 まったく、これ以上オルネルを虐めたら可哀想じゃないか?
 あれ、リナの顔が……いつもより怖いぞ?

「今までアズリーさんにしてきた行いを少しだけお返ししますっ!」

 なるほど、俺への虐め行為がリナの方に溜まってたみたいだな。
 まぁ、「少しだけ」ってところがリナらしいけど。

「あ、アジュリーしゃまー! ポチしゃーん! お久しぶりでしゅー!」

 あんな図体で可愛らしく手を振ってる。
 ま、そこは生後数ヶ月って事か。

「なんでマスターだけ様付けで呼ばれてるんですかっ!」
「ふ、あいつはわかってるんだよ。俺とポチの器の違いをな」

 しかしやたらと注目を集めてしまったな。
 まったく、皆試合に集中しろよ。

「シールド! マジックシールド!」

 ポチのやかましい反撃が起こる前に、オルネルが先に動いた。
 やはり少ない魔力でもここは固めるか。

「スピードアップ!」

 リナがバラードに速度上昇魔法を掛けた。

「うっきゃー! アジュリーしゃまの仇ーっ!」

 勝手に殺されたぞ。
 バラードの接近にオルネルが跳躍して後退。だが、バラードは駆けながらブレスを吐いた!
 火色のブレスがオルネルを捉える。

「っだあっ!」

 片手で杖を回転させブレスを受ける。しかしその威力を完全に抑える事は出来ない。両手にすれば……いやっ、

「バーストッ!」

 杖の回転力が向上。やるなアイツ。
 上手くブレスを受け切ったオルネルがホッとしたのも束の間、背後にはリナが回り込んでいた。

「――のほい、サンダー!」
「ぐぁっ!」

 直撃し、オルネルは不安定な着地を強いられる。
 息が切れているが、前方から迫るバラードを視界に捉えるとすぐにクロスウィンドを放った。
 確かにこの距離ならスウィフトマジックに頼るしかない。

 パンッ

 ……今度ははたき落としたな。とんでもない竜だ。

「うきゃー!」
「はあっ!」
「くっ!」

 オルネルが両目を閉じ、リナの杖の刃と、バラードの人差し指の爪が首に当てられる。

 その時、
「勝負ありっ!」

 ビリーの試合終了の声が魔育館に響く。

「「「うぉおおおおっ!! すげぇーっ!!」」」

 全校生徒の大きな声が波となって辺りを包んだ。
 使い魔で差が付いたが、それが無ければ確実にオルネルの勝ちだっただろう。
 オルネルの実力はこの段階で三年生の並以上か。片手での宙図に、あの杖術、そして戦闘の状況判断能力。バラードが召喚された後の対処。どれをとっても素晴らしい。
 首席は伊達じゃないって事だな。

 対してリナ。
 杖の性能差をバラードで補ったか。もちろん手を借りずに勝つ事を望んでいただろうが、それ程までに負けられない戦いだったという事か。
 ここ数ヶ月は普通の教養にも力を入れてたから仕方ないが、バラードを召喚するまでの健闘は大したものだった。
 オルネルが使い魔を手に入れたら勝負はわからないだろうな。

 あれ、そういえば入学試験の時、アイリーンだかトレースが、俺以外に使い魔持ちの魔法士が後一人いるとか言ってたような?
 一年生にそんな奴いたっけ?

「マスター、マスター。バラードどうやって倒すんです?」
「ん、あぁ……とりあえず対策は考えておくよ」


 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 その日の夜、俺とポチは、また寮を抜け出し、ベイラネーアの冒険者ギルドへ来ていた。
 簡単な討伐を済ませた後、ブレイザー達を見かけたので、現状の報告と、親善試合の事を話そうと思ってたのでちょうど良かった。

「――という訳で、弟子との親善試合が決定しましたっ!」
「「「乾杯っ!」」」

 エールの入ったジョッキがカツンと音を鳴らす。
 銀のメンバー三人と、ダンカンは自分の事のように喜んでくれる。
 確かに俺も嬉しいが、それを喜んでくれる仲間がいるのも嬉しいものだ。
 こういったのは確かに久しぶりだな。

「でもホント、リナちゃん頑張ってるわよね〜。そう遠くないうちにランクBのテスト受けられるかもしれないわよ?」
「これは師匠も負けてられないな?」
「本当ですよ。まさか使い魔を実用段階で召喚出来ると思いませんでした……」
「リナちゃんならこのギルドでも有名だからな。人を惹きつけるし、ありゃ良い女になるぞアズリー?」
「兄貴、言い方が下衆いわよ」
「はははは、こりゃ失敬っ」

 ブルーツとベティーのいつものやり取りに皆が笑う。

「しかしマスター、本当にバラード対策はどうするんです? 親善試合のルールでは中級魔法までしか使えないですし、その魔法の中からバラードを制するって難しいんじゃ?」
「作戦名『ポチの犠牲の果て』でいけばなんとかなるんじゃないか?」
「それなら作戦名『アズリー、墓までの最短ルート』を使いましょう」
「勝手に殺すなやっ!」
「はははは、こりゃ失敬っ」

 おでこにポンと前足を置くポチに、また皆の笑いを誘う。
 このメンバーの中では、ポチ(こいつ)はしっかりと溶け込んでいる。ダンカンも使い魔に対して偏見しないから、最初は嫌がってたポチも大分慣れた感じだ。

「なんにせよ、この冒険者ギルドの二人が出るんだ。当日は応援に行かせてもらうよ」
「はい、ありがとうございます」
「え、応援してくれるんですかっ?」

 ブレイザーの言葉にポチが嬉しそうに尻尾を振る。
 確かにこれは嬉しいよな。俺にも尻尾があればきっと振っているだろう。

「あ、何言ってんだよ?」
「へ?」
「そうよ、応援するのはリナちゃんに決まってるでしょ?」
「えー、ベティーさんまでっ!?」
「師匠が強いのは当たり前、ならば弟子の方を応援するのは必然だぞ、アズリー」
「リナちゃんはここのアイドルだしね~。アタシも行けたら行こうかしら?」

 ……どうやら、これはいよいよ孤立無援のようだ。
 その後、話は弾み、時間は過ぎていった。

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

「で……なんですかブルーツさん? 二人で外に出ようだなんて?」
「実は……だな……その……」

 ここまで歯切れの悪いブルーツも珍しい。
 一体どうしたと言うのだろう?

「……い、いいからちょっと付き合えよ」
「え、ちょっとちょっとっ、一体どこに行くんですかっ」
「イイ所だよ!」
「だからそれがどこか聞いてるんですよ」
「ゆ……」
「ゆ?」
「ゆ、遊郭だ……」

 Oh。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ