挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

聴覚障害者の日常

聴覚障害者の日常 〜筆談?〜編

作者:ぷかぷか
聴覚障害者とのコミュニケーションはさまざまあって、手話がわからなくて、口話もダメとなると筆談という方法もある。

アタシは、一応、発語はできるのだが、手話をつけて話すと、聞こえる人は『聞こえない人と話ができない』という先入観からか固まってしまうようで、一回で通じたことがあまりない。
だから、手話をつけないではっきり話すか、あるいはメモ帳とペンを持参でメモを書いて渡すかのほうが多かった。

数年前に、ふと偶然に有川浩さんが書いた『図書館戦争』を読んだ。その中で、聴覚障害をもった女子高生と携帯電話をつかって筆談をするシーンがあった。
携帯電話でも、筆談というのかな?
ともかく、「なるほど〜!」とひざをうちたくなったくらいだ。
携帯電話は肌身離さず持っていて、寝ているときですら身に付けているくらいだ。(目覚まし時計編参照)
これならペン、メモ帳も携帯電話に任せちゃえばいい。

早速、お店で携帯電話を使って筆談をしてみた。
そうすると、相手は、たいていわざわざ紙とペンを持ってきて書いてくれる。
この間のDVDレンタル屋の若い店員さんは、そのまま携帯電話に書き込んでくれた。きっと彼は『図書館戦争』を知っているんだろうな。

以来、有川浩さんの書いた本はほぼ読んでいる。そのお陰か、甘い恋愛モノに目覚めたようで、そんな本を探したら携帯電話で小説がよめると知った。
そうして行きついたのがこの『小説家になろう』で、いつのまにか自分も書いちゃってる。

恐るべし、携帯電話。
『図書館戦争』に『レインツリーの国』という本がちらっと登場するのですが、その本も番外で単行本になっています。『レインツリーの国』も聴覚障害をもった少女がでてきます。
実はその本から『図書館戦争』を読み始めたクチなんですが…。

有川浩さんの『図書館戦争』は昔に(…って何時なのか知らないのですが)アニメ化されていてDVDもあります。レンタルでも販売でも残念ながら字幕はついていません。だから、私はみていません。
現在も漫画で連載中だし、確か6月に、映画で上映されます。
一応、前売りのペアチケットは買いましたが、こちらも字幕はないようなので、子供たちが見ることになるでしょう。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ