挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
魚釣りって、びっくりするほど楽しい 作者:のんびり死体
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

1/10

のんびり死体は、魚釣りが好きだ。

吸い込まれそうな青い空と、何処までも続く海。

今日はいい天気。

海って、海ってだけで、海だ。

最高だ。


何処かで魚の跳ねる音が聞こえる。

大物の予感がする。


波止で、荷物を下ろしながら思う。

ドキドキとワクワクで、手がせわしなく動く。


さぁ、魚釣りを始めよう。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


僕が本格的に魚釣りをするようになったのは、ここ数年のことだ。

中学生くらいの頃にブラックバスを釣るのが流行った時以来、ずっと釣り竿を握ることは無かった。


職場に偶然釣り好きの人がいて、なんとなく話を聞いていたんだけどね。

そんなに面白いものなのかなぁと、そのくらいで聞き流していた。


それなりに道具も揃えないといけないだろうと思っていたので、お金がかかるのであればと敬遠していた部分もある。

「サビキ」であれば、3000円も出せば十分だよと言われても、半信半疑だった。

まぁ、それは本当だったのだけれど、でも先々は嘘でもあったりする。

この辺はおいおい説明しよう。


まずは、サビキって何かを説明したい。

サビキっていうのは、子供でもたくさん釣ることが出来たりする、ものすごく画期的な釣り方だ。


針に小さなピンクの布が付いていて、エビに似せてある。

それを水中でひらひら動かすだけで、魚が釣れる。

一種のルアーのようなものだ。


嘘でしょっておもうかもしれないけれど、そんなものだけで本当に釣れる。

めちゃめちゃ簡単に釣れる。

嘘でしょってくらい釣れる。


ただ、釣れる場所と釣れる時間があるらしく、その辺はネットとかで確認しないと、一匹も釣れないこともあるので要注意。


たくさん釣りたいなら、魚を集めるために餌を使う。

ちいさなプラスチックの籠に、アミエビと呼ばれる細かなエビをたくさん詰めこむ。

その籠をサビキの針が付いた下のほうにぶら下げて、一緒に海に投げ込む。


ひらひらと海中にエビが舞って、小さなアジやサバが寄ってくる。

そして、間違ってサビキの針を齧る。

そしてぐいぐいと釣針をひっぱるのだ。


海の魚は力が強い。

手元にびくびくと魚の動きが伝わってくる。

竿先がきゅっと引っ張られる。

緊張で、心臓がキュンとする。


リールを巻いて引き上げる。

一度に何匹ものアジが吊り上がる。


これが、キラッキラしとる。

キラッキラやで。ほんま。


どんな怖そうな顔のおっさんでも、退屈で拗ねたクソガキでも、行き遅れの女の子でも、魚が釣れると笑顔になる。

これ、マジだから。


僕が初めてサビキをした時の話をしよう。

誰かが興味を持ってくれたらうれしい。


道具は釣り具屋で、1980円のセットを購入。

1.5Mほどの短い竿に、おもちゃのようなリールが付いている。

仕掛けと呼ばれる、針や籠もセットになっていた。

それに250円分のアミエビを餌として購入。


釣り具屋で買ったセットの裏に、説明書きが書いてある。

とりあえずリールの糸を竿に通して、サビキの仕掛けをつける。

餌をかごにほりこんで、わくわくしながら投げ入れる。


入れた瞬間、竿がぐいぐいと引っ張られる。

慌ててリールを回すと、20CMほどのアジが3匹ほどつりあがる。


慌てて、魚を外し、とりあえず入れ物を探す間、海に仕掛けを落としておこうとする。

その間に魚がかかって、竿をぐいぐいと引っ張られる。

足元には鯵が何匹もぴちぴちしている状態で、どんどんと釣れる。


とりあえず、飲み物を買ってきたときのビニール袋に魚をほりこんで、次々に釣りあげる。

1時間もしないうちに、袋はパンパンになる。


興奮も冷めないうちに、魚が痛むことを恐れて家に帰る。

釣った魚は食べれると聞いてはいたけれど、正直店で売っているものでないと少し心配になる。


不安に思いながら、網で塩焼きにして齧ってみる。

自分で魚を焼くなんて久しぶりだなぁと思いながらも、ドキドキしながら手を伸ばす。


「めっちゃうまいんですけどー。」


いや、本当に美味い。

塩をかけて焼くだけで美味過ぎマンボーである。

いや釣ってきたのは鯵で、マンボウではないのだけど。


スーパーで買った魚も不味くはないけれど、自分で釣った魚はその3500倍は美味い。

※当社比です。


満腹になると、思ったより疲れていたのだろう。

すぐに眠気がやってくる。

慌てて風呂に入り、体についた、海と魚のにおいを落とす。


そして、湯舟につかりながら思う。

次の休みも、絶対行こうって。



+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ