挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。
この作品には 〔残酷描写〕 が含まれています。

死なない魔女のなんでもない日常

作者:宵月アリス
ここは、魔術が生活の一部として使われている世界。その中の近くの小さい村から少し離れた丘の上に不老不死の魔女であるローリス=ハルトマンは住んでいました。
毎日毎日、自堕落な生活を送ってきた彼女はある日、記憶欠損の少女と出会います…
これは、そんな少女と自堕落な魔女の日常。

※題名変えました。
元は「魔女は永遠の時間を刻む」です


(一応、残酷描写ありますがほとんどほのぼのです)

※この小説は、カクヨムにも載っています
一章 彼女の日常
気まぐれに行った森の中で…
2017/09/22 00:32
森の中で不思議な少女に出会いました
2017/09/06 01:06
こうして、私たちの日常がやってきた
2017/09/22 00:57
二章 薬草から薬を作ります
薬の元を探しに森へ行きます
2017/09/23 13:32
久しぶりの再開
2017/09/24 05:00
玉藻さんがお泊まりしていくそうです
2017/09/25 05:00
三章 初めての帝都へ
そうだ、帝都へ行こう!
2017/09/26 00:00
箒に乗ってみます!
2017/09/27 05:00
楽しいひととき
2017/09/28 05:00
四章 玉藻さん、お迎えが来ましたよ(死にません)
ローブの怪人物がうちに来ました
2017/09/29 05:00
村でのお買い物
2017/09/30 05:00
今日の夜ご飯は?
2017/10/01 09:01
五章 吸血鬼と森の中で会いました
森の中で誰かに襲われました(物理的に)
2017/10/02 05:00
とりあえず、お持ち帰りしました
2017/10/03 05:00
うちの中が一段と賑やかになりました
2017/10/04 05:00
六章 師匠が料理を作るそうです
師匠に料理を教えます!
2017/10/05 05:00
師匠がどこかへ出かけていきました
2017/10/06 05:00
ローリスの行き先
2017/10/07 05:00
七章 魔族の国に行くそうです
空から師匠が落ちてきました
2017/10/08 05:00
夢の秘密
2017/10/09 11:29
本当の目的
2017/10/10 05:00
八章 飛竜船に乗って
飛竜船からの景色
2017/10/11 05:00
テラスでの食事
2017/10/13 05:00
お風呂でのひととき
2017/10/15 05:00
九章 アヴァロンにやって来ました
師匠が死にかけました(不死なのに)
2017/10/16 05:00
やっと、アヴァロンに着きました
2017/10/18 05:00
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えれば唯//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全282部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/23 18:52
は、魔王?そんなのうちのブラコン妹の方が100倍危ないんだが

ある朝、俺は身に覚えのない罪で実の妹に拘束されていた…… 妹は極度のブラコンという病を抱えてるのだ。 無理やりキスを迫る妹、すると直前おばさんの登場まんまと勘違//

  • 異世界〔恋愛〕
  • 連載(全13部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/29 21:16
猫神様のおかげで僕と妹は、結婚できました!

僕は榊 輝夜《さかき かくや》 勉強、運動共に常人以下、友達もほとんどいない、そんな主人公とたった一人の家族との物語 高校二年の始業式の朝に突然、妹である、榊//

  • 現実世界〔恋愛〕
  • 連載(全23部分)
  • 2 user
  • 最終掲載日:2017/09/15 21:03
↑ページトップへ