挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

エッセイ集

スパムとか複垢とかでランキング入りしても垢バンされたら終わりなんだけどやる人はなんでやるんだろうね?

作者:水源
 さてさて、先日評価をお願いするスパムっぽい文章が何人かのお気に入りさんの活動報告に書かれ、しかもその作品は一時期ランキング一位になっていたようです。
過疎ジャンルであればポイントが三桁あればトップになれたりもしますからそれ自体は驚きませんが、結果としてはその行為は速攻で通報されて作者はアカウント削除されてしまったようです。
以前に感想で同じようなことをやっていた人もあっという間にアカウント削除されたようですし、なろう運営さんは違反行為のスパムに関しては本当反応早いですね。
わかりやすく証拠が残るからなのでしょうけど。

 私は面白いと思った作品への感想とかは積極的に書き込んだほうがいいとは思っていますがスパムはいけませんね。
それに活動報告への書き込みなんてある程度仲良くなれたかなと思わなければ普通はできませんよね。

 しかし複垢に対してはなかなかすぐには対策できないようですね。
以前今年の5月頃に確かジャンルは現実世界(恋愛)で”1ヶ月で12キロ痩せました(笑)”と言うタイトルがずっと乗っていることがありました。
そして運営さんが休みの金曜夜から土日を狙ってやっていたよという言う話も聞いたような気もします
しかし内容は小説ではなくて痩せるサプリメントの業者の広告でどう考えてもランキングに乗るようなものではありません。

 結果としては多分20個くらいの複垢でポイントを集めて作品をランキングに乗せ、削除されたらまた20個位の複垢でポイントを稼いでランキング載せるを何度か繰り返していたようですね。
土日は運営さんは休みというところをついているのも悪質なのでしょう。
現在は残っていないので根本的対策ができたのかもしれませんけど、なろうのランキングでも簡単に複垢でランキングトップにのれてしまうと言うことを実証してしまった事件でもあるとおもいます。
もっとも根本的対策はもう取られているでしょうから同じ手口は使えないでしょうしこれで書籍化とかはできないと思いますけど。

 実際問題としてはなろうではフリーメールでアカウントを登録できるので複垢や捨て垢を作ること自体は簡単です。
これをミクシーのように携帯電話のSMS(電話番号)登録必須にしたらだいぶ違うとは思いますがそうすると登録は嫌だと考える人が増えるかもしれませんね。
無論携帯電話を複数持っていれば複数アカウントはとれますが簡単に捨て垢は作れないでしょう。
最近はオレオレ詐欺に使われたりするのが問題になってから携帯電話の会社の携帯電話販売も審査がやたらと厳しいし一人で持てる個数に制限があるはずですからね。

 さて複垢を使った書き込みから直接複垢であることを証明するのはかなり難しいです。
IPアドレスなどを変える方法などはいくらでもありますからね。
一時期はザンビアからという明らかになろうがそんなに読まれるはずのない場所からのアクセスが異常に多かったことも有ったようですからプロクシでも使っていたのでしょうか。

 そうとはいえ複垢で自分の作品にポイントをたくさん入れるのは結構危険でしょう。
一度に複数のアカウントを使って、ブクマと評価や感想、レビューを入れてランキングにのせたら俺Tueee.Net! などを見れば数字的におかしいのが一目瞭然です。
もっともそれより悲しいのは複垢という規約違反を犯してまでブクマや評価や感想やレビューを付けて自作自演してポイントを底上げしても結局その後ポイントが伸びずに作品が埋もれてしまうことだとは思いますけど。

 色々な方が既に過去にエッセイで語っていることですが複垢というのは目立ってランキングなどに入ればアカウント削除の可能性が高くなるし、作品が目立たないのであればそもそもやる意味もないですからやはり手を出さないで地道にまともな形で読者に対しての導線を作るにこしたことはないとは思います。
最近はハイファンタジーやファンタジー異世界転移はランキング上位に載るためのポイントが4桁という高すぎる壁になっていますからそのあたりのジャンルで複垢でポイントを稼いで目立とうとすればなおさら危険な気がしますね。

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
感想を書く場合はログインしてください。
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ