挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

ブックマークする場合はログインしてください。

The Little Match Girl

作者:夢学無岳
もし「マッチ売りの少女」が詩だったら

挿絵(By みてみん)



年の瀬せまった 大晦日おおみそか
小さな少女が 雪道の
片すみに立ち 往来の
年越し準備の 人々に
必死にすがり 売るマッチ

少女を残して 死んだ母
形見に靴を 残したが
馬車にねられ うしなった

裸足の少女の 指先は
昼には赤く 変色し
だんだん青く 黒くなり
はじめは痛みを こらえたが
そのうち何も 感じない

マッチは売れず は沈み
家には帰れず 立ちつくす
稼ぎがなければ 父親に
少女はひどく 叱られる

少女を愛した 祖母と母
思い出だけが あたたかく
町を見守る オーディンの
救いの息吹は 雪まじり
鉄のいばらの 現実は
少女の身体からだに 突き刺さる

立てなくなって のきの下
月より遠い  窓の中
つららのつるぎ ダモクレス
マッチをれば しあわせの
まきのストーブ 七面鳥
炎が消えれば 幻へ

雲の隙間の 流星群
命の星は 落ち続け
〈あのうちひとつは 私だね〉
少女は最後に つぶやいた

炎に浮かぶ 祖母の顔
やさしく少女に キスをする
流れる涙は すぐ凍り
少女は静かに 目をとじる

みどりの若葉 春の風
夏の太陽  川遊び
すべては夢へと 消えていく

少女の救いは 何なのか
生きたあかしは 何なのか

誰もが深く 考えた

百年経っても 考えた








「冬の童話祭2018」を年内に書いて、年末年始、楽をしよう!

と思って書いたら、提出規定は、文字数3000以上。
あれっ!?
2527文字足りない!

(#;.;#)ひえー(笑)

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ