挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人類滅亡前に転生させられた『遊び人』だけど!~幼児のSMゲーム~ 作者:ろぼろぼ

第2章イルディア編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

30/30

ルカ・バウアーコード(エピローグ)

幾千もの季節が流れた・・・1999年の冬

ここは、1000年以上の歴史を持つ由緒あるイルディア女学院。
小雪が降り積もる中、レンガ作りの建物の一室に集う女生徒達がいた。
部屋の入口には『歴史・文化研究会』の立て札の上から『アンチ聖誕祭・決起集会』の垂れ幕が掛けられている。

十数人程の女生徒を前に教壇の立つ眼鏡の女学生は、机をバンと叩き熱く語りだす

「えー、本日は独り身の寂しい女生徒の皆さま!カップルが賑わうこの聖夜にワザワザお集まり頂き真に、ま・こ・と・に、ありがとうございます!」
「司会は、この歴史・文化研究会の部長(アデリナ)《彼氏募集中》が務めさせて頂きます!」

客席からはパチパチと疎らな拍手がおこる

「私は聖誕祭なるこの悪しき風習に兼ねてより疑問を抱いており、この度の決起集会に至りました!」

「部長!生贄の山羊は必要でしょうか!」

「………断っておきますが。別に黒ミサをしようと言うのでは有りませんよ!そして私はカップル達が羨ましいわけではないのです!」

どう見ても、羨んでいる様にしか見えない部長(アデリナ)だが、気を取り直して話を続ける

「第一です!第一!何故、我々が『ルカ・バウアー』なる千年も前の人物の聖誕祭などを祝わなければならないのか!それで何の御利役益があると言うのでしょうか!」

それに対しすぐさま一人の女生徒が手を上げ

「はーい、それはルカ・バウアーが世界を救った神の子だからじゃないでしょうか」

教壇の部長(アデリナ)の眼鏡がキラリと光りクィっと上げると、

「論理的では無いですね。教団の言い分以外に何かルカ・バウアーを神の子とする根拠でも有るのですか?」

部長(アデリナ)は、ルカ・バウアー教団の設立から説明をし始める。ルカ・バウアー教は、約1000年も昔に大陸に現れた英雄ルカ・バウアーを神と崇める教団であり、設立者は、ルカ・バウアーの妹ニーナ・バウアーとされているのであった。

当時は新興宗教に過ぎなかったこの教団が広く市民権を得るようになったのは、帝国と神聖王国とに起こった古代魔法戦争によって訪れた冬の時代に教団が主な食料の配給源になったからだと言われており。またその時代に帝位についた女帝(クリスティーナ)が、ルカ・バウアー教の熱心な教徒だった事実も大く働いたとされていた。

そして教団の説明では、その後ルカ・バウアーは魔王と悪魔達そして熱心な信徒を連れ異世界に旅立ち世界は人の手に戻ったとされるのである。今ではルカ・バウアー教団は世界最大の宗教団体であり少なくとも、その資金力と軍事力では世界有数なのであった。

「我々の今回の目的は教団の語る、偶像としてのルカ・バウアーの化けの皮をはぎ、人間ルカ・バウアーを陽の元にさらし世の愚かさを示す事にあります!」

「おぉー」驚きの声がおきる、気分を良くした部長(アデリナ)は、数年前にベストセラーになった本を取り出し教団の年表の疑問点を読み上げだす。何のことは無い、世紀末を迎え世間ではいま、1999年7の月の大予言や最終戦争(ハルマゲドン)など終末思想のオカルト本が大人気なのであった。部長(アデリナ)はその流行に乗って会誌を売ろうと言う魂胆なのである。

「まずルカ・バウアーは、ある時は英雄、ある時は世紀の大悪党と余りにも多種多様な人物像が混ざりあっています。この事実は幾人もの逸話が合成されている可能性を示しています!しかも、この本の著者は生誕地の旧王都アンツの民謡まで調べあげていますが面白いのは、そこではルカ・バウアーは暗黒街の大親分として唄われてるのです。そして、あらゆる文献から逆算すると、有名なルカ・バウアーの魔女退治や国王殺害は、何と彼が5歳の時に行った事になるのです。」

女生徒達からはクスクスと笑い声が漏れる。部長(アデリナ)は満足とばかりにパタンと本を閉じ。

「勿論、現在ではアンツ国王が病気で亡くなれれたと言う事実がほぼ確定してます」

と補足を加えるのを忘れない。

「では教団の歪んだ記録以外で何を元に人間ルカ・バウアーの真実を暴くのか、そのヒントは当時を描いた数多くの絵画に散りばめられた記号(コード)から読み解く事が出来ると思うのです。」

「私は、この計画を『ルカ・バウアーコード』と名づけました」

教室からは拍手と口笛がなる。部長(アデリナ)は、プロジェクターに写真を入れると説明を始める。

「では、まず誰もが教科書や銅像で一度は見た事があると思いますルカ・バウアーの姿ですが。これはルカ・バウアー著とされる家族の肖像が元とされています」

そこに映し出された絵画には、勇者ポポスと妻ディアナそしてディアナに抱かれる赤ん坊のニーナにルカ・バウアーが描かれている。それはポポスが旅立った日の朝を描いたものあり、本人しか知り得ない光景の為にルカ・バウアー自身の作とされていたものであった。

「ですが、近年の鑑定でこの絵は、ルカ・バウアー誕生250年後に描かれたと言う事が判明しました。皆の知るルカ・バウアー像のモデルは更に遡らなければなりません。では、950年前に描かれたこちらの絵をご覧下さい。」

そこに映し出された絵画は当時の教団を描いたモノで、集合写真の様に並ぶ人達の中央には教団代表とされる老女ニーナ・バウアーや幹部のジェシカ・エデラーがおり、集団の端の方に居心地が悪そうにする幼児が描かれている。そして部長(アデリナ)は、この幼児はニーナ・バウアーの夜叉孫と言う説がある事をつけくわえる。女生徒からは、

「ルカ・バウアー本人と言う可能性は無いのでしょうか!聖書では不老不死の存在なんですよね。」

「不老不死…若い女の子なら誰もが夢見る憧れの言葉ですが、この千年の間に不老不死の存在は確認されておりません。失われたオーバーテクノロジーと言う説も面白いですが、寧ろ千年以上前の真偽不確かな話にしか出てこないと言う所が重要です。最もルカ・バウアーが未だに不老を保持し続けてる可能性が無いわけではないですが……なーんてこと有るわけ無いのです」

そのルカ・バウアーが確認されていない以上不老不死は現存しないと考えるべきなのであった。そして最後に部長(アデリナ)は、最新の学術誌を取り上げると。近年、発掘調査が進む神聖王国との国境に有る魔王城の遺跡の画像を映し出す。

「最近では技術の発達により長年不可能であった高度1万メートルの山頂に有る魔王城跡の発掘も進んでるのです、これが当時壁一面に描かれていたと思われる壁画の再現画像です。そしてこの約1000年前に描かれたルカ・バウアーの婚礼こそ最古の彼の肖像でも有ります。何か感じる所は有りませんか?」

そこにはルカ・バウアーと魔王との婚礼の様子が壁一面に生々しく描かれており、まるで当時の空気を肌で感じられるようであった。だが聖書に記され後世の芸術家が描いた宗教画とは大きく(おもむき)が異なっていたのである。一人の女生徒が思わず笑い出す。

「ぷっ。この絵は何だか面白いわね。伝説の大賢者であるカール様が、ちょっとやつれてて中間管理職のオジサンみたい。それにルカ・バウアーも随分、悪魔達と仲良さそうにしてるわね。何か悪魔とハイタッチしてるし」

部長(アデリナ)は我が意を得たりと満面の笑みで頷く、壁画では人類代表のルカ・バウアーと悪魔達は打ち解け、人間側の出席者は英雄ルカ・バウアーを不信そうに見ている。黒衣の大賢者(カール)は胃を抑えながら説明に苦慮している様にも見える。

「そうなのよ!人類の救世主(メシア)ルカ・バウアーが魔王を打ち倒し和解した直後にしては少し不自然なのよね。倒した悪魔と仲良すぎって言うか。それに、この後にルカ・バウアーは魔猿・聖天大帝を打倒し神聖王国の民を開放するけど、そもそも何故、人類側であった神聖王国と帝国が戦争となる必要があったのかが不明瞭なのよね……例えば実は救世主(メシア)ルカ・バウアーの正体は魔将で併合されたのは人類だった……とかなら全てが説明がつくんだけどね」

部長(アデリナ)の眼鏡が妖しく光る。

「更に現在のルカ・バウアー教団運営の胡散臭さです。この後の古代魔法により大国間の戦争は無くなっり融和(アピーズメント)の時代が訪れたにもかかわらず巨大な軍事力をそのまま維持しつづけているのです、彼等は1000年もの平和な間、いったい何と戦っているのでしょうか!毎年優秀な者達をスカウトしてまでですよ!」

部長(アデリナ)の熱い答弁に最前列にいた女生徒は頭を傾けて答える。

「う~ん、教団の運営については陰謀論乙って感じかしら。警察と同じで平和にも抑止力が必要なのは理解できるし、余り根拠もなく既成団体をたたくのは危険だと思うの。下手したら名誉棄損で訴えられるわね。」

部長(アデリナ)はビクリと固まり冷や汗を流すが女生徒は続ける、

「でも……聖者ルカ・バウアー人類の売国奴説は斬新で面白いわね!この壁画も説得力があるわ。ルカ・バウアー魔将説なんてセンセーショナルよ。」

「でしょ!絶対に売れると思うの!」

部長(アデリナ)は、女生徒の手を取ると一緒に飛び跳ねて喜ぶ。

その時、教室の奥よりパチパチパチと小さな拍手が起こり、幼く可愛らしい声が響く。

「当たらずしも遠からずと言う所かの……」

何時から聞いていたのか、頭に角のアクセサリーをつけた褐色の幼女が教室の一番後ろの席で拍手を送っている。しばらくし一人の女生徒がプロジェクターの壁画と幼女を見比べ震える声で部長に伝える。

「ぶ、部長、壁画の魔王とこの少女、何だか似てないですか。と言うかそっくりですよ」

部長(アデリナ)もビックリし顔を何度も見比べていると
後ろの扉がゆっくりと開き僧侶服にフードを深く被った男が入ってくる。

「あぁ、こんな所におられたのですか魔王様、スカウトの面接はあちらの部屋ですよ」

僧侶は女生徒達にお辞儀をすると名刺を机に置き顔を上げる、その顔は明らかに近年見かけられなくなったアンデットの物でありミイラそのもであった。

「申訳ありません。私、ルカ・バウアー教団の大司祭を務めております。死霊王と申します。この度は教団の関係者がご迷惑をおかしたようで」

そして死霊王はプロジェクタを見つつ溜息をつき、

「ですがお嬢様方、余り教団を詮索されるのはお勧めできませんね。残り少ない時間を学業に異性に青春を謳歌される事をお勧めいたしますよ。」

更に幼女(まおう)も口を挟み

「そうじゃのう、私も最後の晩餐に寄っただけだしの。そこな女、良い機会じゃ本人に聞いてはどうか?」

幼女(まおう)は悪戯っぽくウィンクする

その時、部長(アデリナ)はスカートの裾を引っ張られる感覚から足元を除き体温が一機に下がる。
先ほどまで散々存在を否定していたはずの幼児(ルカ・バウアー)が、まるで今絵画より出てきた様に足元に居たのである。

「教団の偶像(マスコット)をしてます。ルカ・バウアーでーす。皆さんのOGだと思ってもらえれば。」

幼児(ルカ・バウアー)は、先輩っぽく胸を張ってみせる。女生徒達は伝説の神の子の登場に固まってしまっていたがどうにか勇気を振り絞って質問する

「あ、あのルカ・バウアー様の伝説は…、例えば5歳で魔女退治などは事実なのでしょうか?」

幼児は少し迷った後に肯定とばかりに頷き、戦士A(ディルク)戦士B(エルマー)盗賊(ベンヤミン)を3人の勇者と持ち上げつつ身振り手振りで熱く語ります。部長(アデリナ)は、本人の登場で次々と仮説を否定されていくなか驚きの余り顎をカクンと落としHPゼロ状態とばかりに虚空を眺め固まっている。漫画の世界なら髪の毛が真っ白になっていただろう。その時、後ろから幼女(まおう)が話に加わるべくやってくる。

「よう、三頭龍(ルカ・バウアー)!見よ懐かしいモノが映っておるだろ。私とお主の婚儀で。あっこら何をする」

話が長くなりそうな幼女を死霊王が抱え上げ時間が無いとばかりに走りだすと、幼児も頭を下げテケテケと後を追っていく。



暫くの沈黙の後、一人の女生徒が呟く、

「わ、私、神の子と話しちゃった。」

「神様って身近にいるもんなんだ…これって、恋人を作れって言う、お、お告げ?」

「でも……何だか残り時間とか言ってませんでしたか?」

その時、一人の女生徒はハッとして顔を青くして鞄から取り出したオカルト雑誌をパラパラと捲りあるページを開く。

「ここよ!このページよ!」
「今、巷で噂の終末論だけど。『1999年最後の月、神と悪魔の最終戦争(ハルマゲドン)』が起こるって!」


「で、でも神の子ルカ・バウアーが戦うべき悪魔なんて、この平和な世界のどこに居るのよ」

「そうよ、1000万の教徒と神の子ルカ・バウアーよ!実在するなら彼の敵なんて居ないわよ。しかも伝説では千の悪魔の軍団と万の神話の軍勢も率いてるって話なのよ。」


「ち、違うのよ。さっきの部長の話だけど……彼等が戦っている相手って……」


真っ白に燃え尽きていた部長(アデリナ)だが、どうに気力を取り戻し、かすれた声で話す。


「え、えぇ。ル・ルカ・バウアーがもし神の子でないとすれば……」




かつて魔王と悪魔の軍団を従えた王で…聖書や終末思想に出てくる存在……って




ルカ・バウアーと教団の正体とは…まさか……あ…あ、えーーー!!




女生徒達の悲鳴がイルディア女学園にこだまする。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆





ここは、星々が輝く異次元。




幾つもの星、幾つもの世界が始まり、また消えゆくなか、

一人の女神の声が響き渡る、

「時空ホールを確認しました!場所は……り・六道界。全てです。全てで亀裂を確認!」
「衝撃波245秒で到達します。超時空が割れます!」

そして轟音が鳴り響くなか、渋い男の落ち着いた声が響く。

「この勢いだと、此度(こたび)はココまで来るか。」

女神(ヴィーナ)は肯定とばかりに頷く、

「はい、おそらくは。嘗てない規模で、空前絶後の軍勢があの幼児(おとこ)に率いられて襲来するかと」

男の愉快そうな笑い声が世界に響く。

それは、どこまで楽しそうであった。




『では、始めようか最終戦争(ハルマゲドン)だ!』



男の、そう神の声が響きわたる。










トイレの落書きみたいなモノにお付き合い頂きありがとうございました。
文章も少しはうまくなったと思いますし色々勉強になりました。ですです。

ちょっとした、幼児の後日談を追加致しました。下記になります。
http://ncode.syosetu.com/n0974dr/

評価や感想は作者の原動力となります。
読了後の評価にご協力をお願いします。 ⇒評価システムについて

文法・文章評価


物語(ストーリー)評価
※評価するにはログインしてください。
― 感想を書く ―

1項目の入力から送信できます。
感想を書く場合の注意事項をご確認ください。

名前:

▼良い点
▼気になる点
▼一言
お薦めレビューを書く場合はログインしてください。
+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。

この小説をブックマークしている人はこんな小説も読んでいます!

異世界モンスターブリーダー ~ チートはあるけど、のんびり育成しています ~

 ある日突然、美の女神アフロディーテにより異世界《アーテルハイド》に送りこまれた少年・カゼハヤソータ。  その際ソータに与えられた職業は、ぶっちぎりの不人気職業//

  • コメディー〔文芸〕
  • 連載(全149部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2018/01/22 08:30
くじ引き特賞:無双ハーレム権

ドラマCD付き第7巻12月15日発売! 商店街でくじを引いたら、特等賞で異世界にいける権利をもらった。 さらにくじを引いたら、出てきたのは用意した側も予想外の//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全290部分)
  • 51 user
  • 最終掲載日:2017/12/30 20:35
とんでもスキルで異世界放浪メシ

※タイトルが変更になります。 「とんでもスキルが本当にとんでもない威力を発揮した件について」→「とんでもスキルで異世界放浪メシ」 異世界召喚に巻き込まれた俺、向//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全401部分)
  • 57 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 00:01
金色の文字使い ~勇者四人に巻き込まれたユニークチート~

『金色の文字使い』は「コンジキのワードマスター」と読んで下さい。 あらすじ  ある日、主人公である丘村日色は異世界へと飛ばされた。四人の勇者に巻き込まれて召喚//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全824部分)
  • 45 user
  • 最終掲載日:2017/12/24 00:00
魔王様の街づくり!~最強のダンジョンは近代都市~

 書籍化決定しました。GAノベル様から三巻まで発売中!  魔王は自らが生み出した迷宮に人を誘い込みその絶望を食らい糧とする  だが、創造の魔王プロケルは絶望では//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全213部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 18:46
希望のクライノート ~魔法戦士は異世界限定ガチャを回す~

自由のために、異世界へ舵を切れーー 怪物との熱い闘い。 激アツ報酬。 手に入れたその全てで、 異世界ガチャに課金せよ。 第4回ネット小説大賞受賞作。 2017//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全97部分)
  • 45 user
  • 最終掲載日:2017/03/01 15:00
俺の死亡フラグが留まるところを知らない

その辺にいるような普通の大学生・平沢一希は気が付いたらゲームのキャラクターに憑依していた。しかもプレイヤーから『キング・オブ・クズ野郎』という称号を与えられた作//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全98部分)
  • 48 user
  • 最終掲載日:2017/10/11 02:28
田中のアトリエ ~年齢イコール彼女いない歴の錬金術師~

年齢イコール彼女いない歴のブサイクなアラフォーが異世界ファンタジーで俺TUEEEします。 追記:2014/09/03 kgさんから超絶カッコイイ素敵なイラスト//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全139部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 00:27
アラフォー賢者の異世界生活日記

 VRRPG『ソード・アンド・ソーサリス』をプレイしていた大迫聡は、そのゲーム内に封印されていた邪神を倒してしまい、呪詛を受けて死亡する。  そんな彼が目覚めた//

  • ローファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全147部分)
  • 44 user
  • 最終掲載日:2017/12/10 12:00
ありふれた職業で世界最強

クラスごと異世界に召喚され、他のクラスメイトがチートなスペックと“天職”を有する中、一人平凡を地で行く主人公南雲ハジメ。彼の“天職”は“錬成師”、言い換えればた//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全301部分)
  • 60 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 18:00
転生して田舎でスローライフをおくりたい

働き過ぎて気付けばトラックにひかれてしまう主人公、伊中雄二。 「あー、こんなに働くんじゃなかった。次はのんびり田舎で暮らすんだ……」そんな雄二の願いが通じたのか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全194部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 12:00
チート魔術で運命をねじ伏せる

 召喚された異世界で、ソージは最強魔術師だった。ゲームの中で開発した魔術理論が、すべて「現実」となっていたからだ。さらにソージはこれから起こる「出来事」を知って//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全160部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2017/10/28 18:31
俺の家が魔力スポットだった件~住んでいるだけで世界最強~

 自宅でのんびりすることが、最強への近道だった――。  俺の家は世界有数の魔力スポットだったらしく、それを狙った奴らに異世界に召喚された。  ただ、そんな場所に//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全292部分)
  • 45 user
  • 最終掲載日:2017/12/08 22:21
異世界転移で女神様から祝福を! ~いえ、手持ちの異能があるので結構です~

 放課後の学校に残っていた人がまとめて異世界に転移することになった。  呼び出されたのは王宮で、魔王を倒してほしいと言われる。転移の際に1人1つギフトを貰い勇者//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全191部分)
  • 56 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 00:00
進化の実~知らないうちに勝ち組人生~

柊誠一は、不細工・気持ち悪い・汚い・臭い・デブといった、罵倒する言葉が次々と浮かんでくるほどの容姿の持ち主だった。そんな誠一が何時も通りに学校で虐められ、何とか//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全116部分)
  • 58 user
  • 最終掲載日:2018/01/09 00:01
レジェンド

東北の田舎町に住んでいた佐伯玲二は夏休み中に事故によりその命を散らす。……だが、気が付くと白い世界に存在しており、目の前には得体の知れない光球が。その光球は異世//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1619部分)
  • 44 user
  • 最終掲載日:2018/01/22 18:00
回復魔法を得た童貞のチーレム異世界転移記

情けは人の為ならず。 その言葉を信じ、人に尽くし利用され続けた30代の男。 人生が終わるその時、彼は異世界に転移する事となった。 彼の希望は、無論女性にモテ//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全150部分)
  • 44 user
  • 最終掲載日:2017/11/19 04:57
聖者無双 ~サラリーマン、異世界で生き残るために歩む道~

地球の運命神と異世界ガルダルディアの主神が、ある日、賭け事をした。 運命神は賭けに負け、十の凡庸な魂を見繕い、異世界ガルダルディアの主神へ渡した。 その凡庸な魂//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全363部分)
  • 45 user
  • 最終掲載日:2018/01/07 20:00
この世界がゲームだと俺だけが知っている

バグ満載のため、ある意味人気のVRゲーム『New Communicate Online』(通称『猫耳猫オフライン』)。 その熱狂的なファンである相良操麻は、不思//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全239部分)
  • 43 user
  • 最終掲載日:2017/04/01 23:59
転生したらスライムだった件

突然路上で通り魔に刺されて死んでしまった、37歳のナイスガイ。意識が戻って自分の身体を確かめたら、スライムになっていた! え?…え?何でスライムなんだよ!!!な//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全303部分)
  • 51 user
  • 最終掲載日:2016/01/01 00:00
回復術士のやり直し~即死魔法とスキルコピーの超越ヒール~

※ヤングエースアップ様にてコミカライズがスタート。無料で掲載されています ――世界そのものを回復《ヒール》してやり直す。 回復術士は一人では戦えない。そんな常識//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全117部分)
  • 46 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 18:49
コミュ難の俺が、交渉スキルに全振りして転生した結果

 MMORPG「エターナル・マギア」のトッププレイヤーだった森岡弘人は、リアルでは引きこもり歴三年の高校一年生だった。人生の大半を注ぎ込んだゲームで全てを失い、//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全104部分)
  • 48 user
  • 最終掲載日:2017/07/16 00:00
デスマーチからはじまる異世界狂想曲( web版 )

◆カドカワBOOKSより、書籍版12巻、コミカライズ版6巻発売中! アニメ放送は2018年1月11日より放映開始です。【【【アニメ版の感想は活動報告の方にお願い//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全563部分)
  • 61 user
  • 最終掲載日:2018/01/21 19:41
異世界迷宮で奴隷ハーレムを

ゲームだと思っていたら異世界に飛び込んでしまった男の物語。迷宮のあるゲーム的な世界でチートな設定を使ってがんばります。そこは、身分差があり、奴隷もいる社会。とな//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全221部分)
  • 60 user
  • 最終掲載日:2017/11/30 20:07
寄生してレベル上げたんだが、育ちすぎたかもしれない

異世界の神が行った儀式に巻き込まれ、鳥海栄司は異世界に転移してしまう。儀式を行った異世界の神は転移に際し栄司の可能性の具現化であるクラスを引き出そうとするが、普//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全149部分)
  • 46 user
  • 最終掲載日:2017/12/29 19:00
異世界支配のスキルテイカー ~ ゼロから始める奴隷ハーレム ~

 スキルを奪って成り上がれ!!  武術の天才――近衛悠斗が召喚されたのは、奴隷たちが売買される異世界であった。  悠斗はそこで倒した魔物のスキルを奪い取る《能力//

  • アクション〔文芸〕
  • 連載(全246部分)
  • 51 user
  • 最終掲載日:2018/01/20 05:31
圧倒的ガチャ運で異世界を成り上がる!

事故で死んだ仁太(ジンタ)が転生したのは、ガチャ有りの剣と魔法のファンタジー世界だった。 だが転生直後、ステータス異常が判明する。 【運】の数値はMAX【99】//

  • コメディー〔文芸〕
  • 完結済(全110部分)
  • 45 user
  • 最終掲載日:2017/12/05 20:00
八男って、それはないでしょう! 

平凡な若手商社員である一宮信吾二十五歳は、明日も仕事だと思いながらベッドに入る。だが、目が覚めるとそこは自宅マンションの寝室ではなくて……。僻地に領地を持つ貧乏//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 完結済(全205部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2017/03/25 10:00
境界迷宮と異界の魔術師

 主人公テオドールが異母兄弟によって水路に突き落されて目を覚ました時、唐突に前世の記憶が蘇る。しかしその前世の記憶とは日本人、霧島景久の物であり、しかも「テオド//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全1361部分)
  • 44 user
  • 最終掲載日:2018/01/23 00:00
村人ですが何か?

飯島竜人は異世界に転生し、リュート=マクレーンとなった。 転生先の肉体の最適職業は村人で、家も普通の農家で普通に貧乏だった。 ゴブリンやらドラゴンやらが闊歩する//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全96部分)
  • 47 user
  • 最終掲載日:2017/12/27 00:00
成長チートでなんでもできるようになったが、無職だけは辞められないようです

 俺、一之丞は就職100連敗、さらに記録更新中の無職だった。  面接に向かう途中、トラック事故に巻き込まれ、あえなく死亡。  そして、女神から常人よりも400倍//

  • ハイファンタジー〔ファンタジー〕
  • 連載(全216部分)
  • 50 user
  • 最終掲載日:2018/01/19 22:18
↑ページトップへ