挿絵表示切替ボタン
▼配色







▼行間
▼文字サイズ
▼メニューバー
×閉じる
人類滅亡前に転生させられた『遊び人』だけど!~幼児のSMゲーム~ 作者:ろぼろぼ

第1章王都編

しおりの位置情報を変更しました
エラーが発生しました

ブックマークしました。

設定

更新通知 0/400

設定を保存しました
エラーが発生しました

カテゴリ

ブックマークへ

以下のブックマークを解除します。
よろしければ[解除]を押してください。

ブックマークを解除しました。

10/30

女王の襲来!!

夕刻は逢魔の時、人々で賑わう王都アンツの大通りを大慌てで駆け抜ける青年がいた。青年は路地に入ると目的である幼児を見つける!

「ル・ルカさん!み、店が大変な事になってて!(ヤン)の兄貴が死にそうなめに・・・」

幼児は取り乱している青年を落ち着かせ冷静に相手の情報を聞き出す、

相手は20代後半から30代のご婦人に護衛と思われる者を3名連れていると。

幼児はそれを聞き出すと鼻で笑い一旦装備を取りに自宅に戻ったのだ


☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

こんばんは、ルカ・バウアーもうじき5歳です!
どうやら今回は貴族のご婦人がお店でオイタをしているようです。

私は棚の上にある新装備の木剣を手に取り青年の待つ玄関へ向かいます。

いえっ、物騒な事は致しませんよ。
(ヤン)には申し訳ないですが誠心誠意謝るだけです!

やっぱりこう言う時は土下座デスヨネー!

権力者に逆らうようなバカな事は致しません。
ご婦人が所望なら私が相手をしても良いでしょう。

正直、この前に相対した特殊性癖の男性客(きょうてき)に比べれば可愛い物です、
もちろん名誉ある撤退を選びましたとも。お尻を守る為にもね。

なので今回の案件には思わず鼻で笑ってしまいました。

では何故、新装備かと言えばよく見てください鍔の部分が十手の様になってるでしょ。
そして剣先には丸い卵の様な・・・・亀頭!そう、これ歴史は石器時代からあると言われる
ご婦人御用達の張型(ディルド)です。しかも三点責めの奴です。

その切れ味は、お隣のローラ・エデラー婦人と近所のマダム達に聞いて下さい!
流石に今回はジェシカで実験は出来ませんでした!入らないですし。ね(テヘ)!

えぇ、色んな意味で凄いことになりましたけど。

名前は性剣張型(エクスカリバー)とでも呼びましょうか。
私は、それを背負い革ベルトで止めます。幼児には30㎝を超える木の棒は重い大剣みたいなものなのです。


店に着くと、そこには100キロを超える恰幅の良いご婦人に身なりの良い護衛の兵士が三人。
(ヤン)は、歯が何本か折れ骨折はしている様ですが命に別状はなさそうです。
と言うか刃物沙汰と言うより普通に殴られたのでしょう。盛り場ではよくある事です。

ここは遊技場、全て遊びと言う事で済ませましょう。最大限の笑顔を作り挑みます。

「ご来店ようこそ!マダム・・・これは、これは!女王様と奴隷プレイをお楽しみ中でしたか」

女は、不快そうに眉を顰めると幼児の頭に唾を吐く

「馬鹿じゃないの!女王が女王プレイをして何になるの?店も駄目なら店員も駄目ね、何なのこの店」

(ヤン)は顔を青くしていますが、いえいえ何もしませんよ。と言うか何も出来ないですし、婦人(マダム)の唾を受けるなどプレイの一環デスヨネー

「これは、失礼・・・私、この店の責任者的なモノをしてます。ルカ・バウアーと言います。」

名前を聞いて婦人(マダム)の護衛達の血の気が失せる。

護衛達から説明を受けたところ、忙しい中時間を作って訪れた婦人(マダム)(ヤン)が入店を拒否し婦人(マダム)の怒りを買ったのだと言う、通常営業をしているのに入店を拒否されれば、それは普通に怒るだろう。聞く限りだと問題は(ヤン)の方に有ると言う事になる。と言うか、(ヤン)が何故入店を拒否したのか分からないがルカには上客の様に思えてくる。
『女王が女王プレイをして何になる』
これも正論だろう。権力者が権力者の演技をして何が楽しいのか。これは底辺の者が権力者になりきるから楽しいものなのだから。。。では、このお客様を楽しませるのは真逆の奴隷や家畜になりきるプレイだろうと。

今は、ゴッッコ遊び(ロールプレイ)と言うスキルも有る、
ふふ、落としてみせましょう、貴族のご婦人(じょうきゃく)を見事な雌豚になるまで教育してみせましょう

お店の収益アップのチャンスです。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

(ヤン)は自分の未熟さをこれほど後悔した日はない。
女王陛下が来店したのだ、最近評判になっている店に遊び好きの女王が来店する事を想定していなかった事が最初の後悔であった。
(ヤン)は全力で入店を拒否した。女王陛下にはお遊びでも、国王陛下からしたらどうなのだ!相手をした店員は浮気相手として処刑されかねない。
二つ目の後悔は新人教育を誤った事だ。新米店員が勝手にルカの兄貴を連れてきた時には(ヤン)は血の気が失せた。マニュアルとしては正しいが状況を考えろと。そしてルカ兄貴が来た時に確信する!

『今日、女王陛下は爆散する!』

と、この性格の悪い女王陛下(クソオンナ)はルカ兄貴の逆鱗に触れ死ぬ事になるだろうと。常人ではできない。だが常人には出来ない事をしてしまうのがルカの兄貴だ!

だが、させちゃいけねー。

「この雌豚が!!」

今まで笑って耐えていた兄貴が吠える。それは魔王の雄叫びだった!

(ヤン)は最後の力を振り絞る決意をする

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

教育を始めようと性剣張型(エクスカリバー)に手をかけた時です。
突然何かに突き飛ばされたのです。何が起きたのか私にもわかりませんよ。
気づいた時には、ご婦人(マダム)のふくよかな胸の上。
いえ、100キロは超えるご婦人(マダム)が周りの兵士を巻き込みほぼお一人でご転倒されたのですが。
15キロ程度の幼児にできる事ではありませんよ。私は無実です。

ですが、その性剣張型(エクスカリバー)が・・・・・

えぇ刺さってましたともご婦人(マダム)に・・・・

すっぽり根元まで。

股間?いえ無事です。お尻?も無事です。

そう、お口です。30センチを超える性剣張型(エクスカリバー)が根元まですっぽりと。
まるで刀を飲み込む大道芸人のように。と言うか(あご)外れてますよね。

(ヤン)が私にしがみつき叫びます。

「今のうちだ!爆散される前に、その女王陛下(バカ)を連れて逃げろ!」

物騒な事を言う(ヤン)に怯えた護衛達は三人がかりでご婦人を抱え上げると、そのまま駈け去っていきます。えぇ、性剣張型(エクスカリバー)を咥えたままのご婦人をです。






☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

数日後・・・・・
ここは王都アンツの大通りに面する酒場。数人の冒険者風の男がジョッキを片手に語らっています。

「おい、あの噂を聞いたか?」

「あぁ、王国最狂(ルカ・バウアー)が、またやらかしたらしいな」

最悪女王(バカ)王国最狂(ルカ・バウアー)の夢の対決(デスマッチ)だ」

男達は興奮を抑えるように語らう。

最悪女王(バカ)は、(あご)を外された上に喉の奥までチンコ突っ込まれたって話だ」

「な、何だよそれ?」

「知らねーのか。上級者は(くち)でなく(のど)を楽しむらしいぜ」

「で、今日の発表ってわけか!」

「あぁ、冒険者なら誰でも知ってる不可能ミッションだ!
実質処刑勧告と同じだな。家には兵士まで詰めてるそうだ家族は人質で逃がさねーってわけだ」

「けっ、国王(クズ)らしい汚いやり方だぜ」

「あぁ、王国最狂(ルカ・バウアー)も気の毒にな・・・・・」

何やかんやで王都アンツの夜は深けていくのであった。

+注意+
特に記載なき場合、掲載されている小説はすべてフィクションであり実在の人物・団体等とは一切関係ありません。
特に記載なき場合、掲載されている小説の著作権は作者にあります(一部作品除く)。
作者以外の方による小説の引用を超える無断転載は禁止しており、行った場合、著作権法の違反となります。

この小説はリンクフリーです。ご自由にリンク(紹介)してください。
この小説はケータイ対応です。ケータイかパソコンかを自動で判別し、適切なページを表示します。
小説の読了時間は毎分500文字を読むと想定した場合の時間です。目安にして下さい。
↑ページトップへ